心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > くらし・手続き・税 > 住まい・土地 > 住まい > 補助・助成 > 令和2年度木造住宅耐震改修の補助について

ここから本文です。

更新日:2020年5月25日

令和2年度木造住宅耐震改修の補助について

補助対象者

次に掲げる要件をすべて満たす者

  1. 木造住宅に居住する又は耐震改修後に居住する所有者
  2. 耐震診断及び耐震補強プラン作成済みの方
    ※耐震診断及び耐震補強プランは、福井県木造住宅耐震診断士が作成したものに限ります。
  3. 令和3年1月31日までに耐震改修工事を完了する見込みのある方
  4. 市税を滞納していない方

(注)市より発送される補助金交付決定通知書を受け取る前に、工事等の契約を締結されている方は

補助対象外となりますのでご注意ください。

対象となる住宅

次に掲げる要件をすべて満たす者

  1. 昭和56年5月31日以前に市内で建築された一戸建て木造住宅
  2. 自ら居住するため所有する木造住宅
  3. 坂井市木造住宅耐震診断等促進事業に基づく耐震診断等を行い、診断の結果、診断評点が1.0未満の木造住宅

対象となる改修工事

  1. 住宅全体の耐震改修工事
    • 改修後の住宅全体の上部構造評点が改修前の評点を上回り、かつ次のいずれかに該当するもの
      • (1)診断評点を1.0以上にする耐震改修工事
      • (2)(1)による工事の実施が困難な場合で、診断評点を0.7以上にする耐震改修工事
  2. 部分的な耐震改修工事
    • 改修後の住宅全体の上部構造評点が改修前の評点を上回るもの
    • 特定居室の部分診断評点が1.5以上となり、基礎および床の仕様が一般財団法人日本建築防災協会発行による「木造住宅の耐震診断と補強方法」に掲載されている仕様1または仕様2を満たすもの(改修後に仕様を満たすものを含む)

特定居室とは、避難上有効な出入口、窓のある居室のうち、1階にあるもの(例:リビング、寝室等)

ご注意ください

  • 福井県木造住宅耐震診断士が工事監理を行うことが必須となります。
  • 補強工事と同時に行うリフォーム工事は、補助の対象とはなりません。

補助金の額

  1. 診断評点を1.0以上又は0.7以上にする住宅全体の耐震改修工事
    最大100万円(耐震改修工事費の80%以内
  2. 特定居室を対象とした部分的な耐震改修工事
    最大30万円(耐震改修工事費の80%以内

募集件数

3件

申込締切

予算枠に到達次第、募集を終了します。

提出先

坂井市坂井町下新庄1-1
坂井市役所 建設部 都市計画課(0776-50-3052)

 お知らせ

今年度から代理受領制度が利用できるようになりました。この制度は申請者が工事費から補助金額を差し引いた金額を工事業者に支払い、申請者から委任された工事業者に市が直接補助金を支払う制度です。利用については、工事業者の同意書の提出が必要です。

場所情報

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市計画課

電話番号:0776-50-3052 ファクス:0776-67-7522

福井県坂井市坂井町下新庄1-1 坂井市役所本庁(西)2階

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?