心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 文化財 > 坂井市指定文化財 > 銭瓶(ぜにがめ)古墳(坂井市指定文化財史跡)

ここから本文です。

更新日:2017年8月15日

銭瓶(ぜにがめ)古墳(坂井市指定文化財史跡)

銭瓶(ぜにがめ)古墳は坂井市丸岡町山崎三ヶの東方、福井カントリークラブのコース内に所在する横穴式石室です。墳形(古墳の形)は不明ですが、石室の天井石と石組みの一部が露出しているため、横穴式石室を持つ古墳と分かります。全体の大きさは東西6.8m、南北3.6m程で、天井に使われていたと考えられる石は1個の大きさが2m近い巨石です。
銭瓶古墳周辺の一帯には丸岡古墳群と呼ばれる古墳群があり、大小約155基の古墳が点在しています。

ぜにがめこふん
銭瓶古墳全景写真(北東より)。2メートル程の巨大な天井石が露出しています。

ぜにがめこふん
銭瓶古墳全景写真(南東より)

場所情報

お問い合わせ

文化課

電話番号:0776-50-3164 ファクス:0776-68-1480

福井県坂井市坂井町上新庄28-5-3 第2別館2階

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?