心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 文化財 > 坂井市指定文化財 > 妙海寺石造千手観音菩薩立像(坂井市指定文化財彫刻)

ここから本文です。

更新日:2017年12月20日

妙海寺石造千手観音菩薩立像(坂井市指定文化財彫刻)

「妙海寺石造千手観音菩薩立像」は三国町山王にある妙海寺(日蓮宗)墓地にあります。像長137センチメートル、幅は64.5センチメートルあり、石材は青味を帯びた火山礫凝灰岩(笏谷石)で出来ています。一部に破損がみられますが、衣のひだ、下頬・唇等で当時の美しい尊容を残しています。
両脇の板石面に「権律師宗音泉蔵坊□□」「天正十六年(1588年)戊子三月十八日」の刻銘があり、願主と、造立された年(安土桃山時代の天正16年)が分かります。

妙海寺石造千手観音菩薩立像(写真)
妙海寺石造千手観音菩薩立像

場所情報

お問い合わせ

文化課

電話番号:0776-50-3164 ファクス:0776-68-1480

福井県坂井市坂井町上新庄28-5-3 第2別館2階

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?