心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 文化財 > 坂井市指定文化財 > いざき(坂井市無形民俗文化財)

ここから本文です。

更新日:2017年12月20日

いざき(坂井市無形民俗文化財)

「いざき」は、三国町新保地区に伝わる船頭水夫の祝い唄です。発祥は不明ですが、一節には文禄・慶長年間(1590年頃)の豊臣秀吉による朝鮮出兵の際に、水軍に従事した船頭水夫が取得したとも伝えられています。
もとは、毎年正月に船主の家で催された船祝いの席上での祝いの唄で、伴奏はなく、手をこするように手拍子をしながら、その歌詞の中の各字句の母音を長々と引いて斉唱する独自の節回しが特徴的です。
現在は1月15日夜7時30分~新保区春日神社で神社の祭礼に合わせ奉納が行われています。(公開日・公開場所は2015年1月現在のものです。)

いざき奉納の様子(写真)
いざきの奉納の様子

いざきの歌詞(写真)
いざきの歌詞

場所情報

お問い合わせ

文化課

電話番号:0776-50-3164 ファクス:0776-68-1480

福井県坂井市坂井町上新庄28-5-3 第2別館2階

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?