心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 文化財 > 坂井市指定文化財 > 森田家文書(坂井市指定文化財古文書)

ここから本文です。

更新日:2017年8月15日

森田家文書(坂井市指定文化財古文書)

森田家文書は三国町の森田家に伝わる文書です。森田家文書は全部で37点あり、その中の安土桃山時代から江戸時代初期にかけての文書17点が坂井市指定文化財に指定されています。この17点の中には、織田信長、柴田勝家、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)、徳川家康といった当時の権力者の書状、定書(法令・規則などを記したもの)なども含まれ、森田氏が当時三国湊で政治的・経済的に有力な位置を占めていたことがわかります。

はしばひでよしはんもつ
11月5日羽柴秀吉判物

とくがわいえやすしょじょう
7月23日徳川家康書状

しばたかついえさだめがき
天正9年(1581年)11月16日柴田勝家定書

お問い合わせ

文化課

電話番号:0776-50-3164 ファクス:0776-68-1480

福井県坂井市坂井町上新庄28-5-3 第2別館2階

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?