心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 予防接種 > 子宮頸がん(ヒトパピローマウイルス感染症)予防接種を自費で受けた方への償還払い(払い戻し)申請について

ここから本文です。

更新日:2023年1月13日

子宮頸がん(ヒトパピローマウイルス感染症)予防接種を自費で受けた方への償還払い(払い戻し)申請について

子宮頸がん予防接種は、平成25年6月から令和4年3月までの間、積極的な接種勧奨は差し控えられていました。積極的勧奨を控えていた時期に定期接種を受けるのを見送り、定期接種の年齢(高校1年生相当)を過ぎてから自費で子宮頸がん予防接種を受けた方に対して、接種費用の償還払い(払い戻し)を行います。

対象者

以下の全てに当てはまる方が対象です。

  • 令和4年4月1日時点で、坂井市内に住民票がある
  • 市税を滞納していない
  • 16歳となる日の属する年度の末日までに子宮頸がんワクチンに係る定期接種において3回の接種を完了していない
  • 17歳となる日の属する年度の初日から令和4年3月31日までに日本国内の医療機関で組換え沈降2価または4価HPVワクチンの任意接種を受け、実費を負担している
  • 償還払いを受けようとする接種回数分について、令和4年度以降にキャッチアップ接種による子宮頸がんワクチンを受けていない

対象ワクチン

  • サーバリックス(2価)
  • ガーダシル(4価)

 【注】シルガード(9価)は償還払いの対象外です。

助成額

医療機関に支払った接種費用(最大3回分)

ただし、接種費用の支払いを証明する書類を提出できない場合は接種1回あたり13,000円となります。

また、予防接種以外の費用(この申請のために要した文書料など)は助成の対象外です。

申請期間

令和4年8月1日から令和7年3月31日まで

申請方法

以下の必要書類を揃え、健康増進課窓口または郵送にて申請してください。

必要書類

(1)坂井市子宮頸がん(HPV)ワクチン接種費助成金交付申請書兼請求書(PDF:132KB)

(2)接種費用の支払いを証明する書類(領収証 等)

 【注】接種年月日、ワクチンの種類もしくは名称、ワクチン毎の料金、医療機関名がわかるもの。

 領収書にこれらのものが記載されていない場合は、明細書も添付してください。

 【注】接種費用の支払いを証明する書類をお持ちでない場合は、助成額は13,000円となります。

(3)予防接種記録が確認できるもの(母子健康手帳、予防接種済証 等)

(4)振込を希望する口座の通帳(被接種者名義のもの)

  • (2)および(3)が用意できない場合、接種した医療機関が発行する接種証明書(PDF:71KB)を提出してください。ただし、証明に要した文書料は償還額の対象外です。
  • 申請時に被接種者が18歳未満の場合は、申請者及び振込先口座は保護者となります。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康増進課

電話番号:0776-50-3067 ファクス:0776-66-2940

福井県坂井市坂井町下新庄1-1

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?