心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > 市政情報 > 広報 > FOCUS(まちの話題) > FOCUS(2010年) > 2010年12月 > 新年に備えてしめ縄づくり 指導で仕上がりもきれいに(12月26日)

ここから本文です。

更新日:2021年4月2日

新年に備えてしめ縄づくり 指導で仕上がりもきれいに(12月26日)

わら造形作家の村上裕介さん(むらかみ ゆうすけ・三国町安島)を講師に招き、12月26日(日曜日)に丸岡町東二ツ屋地区でしめ縄づくりが行われました。
地区の壮年団や子ども会など約30人が参加し、村上さんが縄を締めるときの正しい向きやきれいに仕上げるこつを指導。参加者は力を合わせ、神社の鳥居用の長さ6mもの大しめ縄など数点を制作し、新たな年に備えていました。

参加した子どもたちは「縄を締めていくときにけっこう力がいるので疲れた。細いわらからこんな太いしめ縄がつくれるのを初めて知った」と驚いていました。

壮年会の会長を務める大谷幸基(おおたに ゆきもと)さんは「これまでは見よう見まねで作っていたが、教えてもらうと仕上がりがきれいでスピードも早い。また、子どもたちにも作り方を見てもらうことで、昔から続く地区の行事を後世に伝えていきたい」と話していました。

しめ縄づくり
村上さん(写真中央)の指導でしめ縄づくりに取り組む参加者
しめ縄づくり2
「せーの!」。息を合わせ、一気に縄締め
縄ない
地区の壮年団が、田んぼで取れた稲わらを使って縄結い

開催日情報

2010年12月26日

よくあるご質問

お問い合わせ

秘書広報課

電話番号:0776-50-3012 ファクス:0776-66-4837

福井県坂井市坂井町下新庄1-1

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?