心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > 市政情報 > 広報 > FOCUS(まちの話題) > FOCUS(2010年) > 2010年12月 > 自然と共生する大切さ 歌と踊りで子どもたちが熱演(12月4日)

ここから本文です。

更新日:2021年4月2日

自然と共生する大切さ 歌と踊りで子どもたちが熱演(12月4日)

市民劇団「虹の会」子ども劇場によるミュージカル『千年杉のほほえみ』が、12月4日(土曜日)・5日(日曜日)にみくに文化未来館で披露され、坂井・あわら市内の小学生など約90人が出演しました。
物語は、木の妖精と出会った人間の子どもたちが、木や森のはたらきや命のつながりを知っていくというもの。出演者たちの熱演に、満員となった会場からは万雷の拍手が起こっていました。
ミュージカル風景1
エンディングでは、出演者全員でパワフルなダンスを披露
ミュージカル風景2
総勢約90人が半年間の練習の成果を披露した子どもミュージカル
ミュージカル風景3
道路拡張のため、千年も村を守ってきた杉が切られることになり、驚き悲しむ子どもと木の妖精たち
ミュージカル風景4
杉が切られずにすむことになり、手を取り合って大喜び
ミュージカル風景5
体を張って、台風から森の動物たちを守る杉
ミュージカル風景6
折れた杉の幹から、新しい枝が。命のつながりを感じる子どもたち

開催日情報

2010年12月4日,2010年12月5日

場所情報

よくあるご質問

お問い合わせ

秘書広報課

電話番号:0776-50-3012 ファクス:0776-66-4837

福井県坂井市坂井町下新庄1-1

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?