心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > 事業者向け > 商工業 > 支援制度 > 坂井市空家活用ビジネス支援事業

ここから本文です。

更新日:2021年4月23日

坂井市空家活用ビジネス支援事業

坂井市内の空き家または空店舗(以下、「空家等」という。)を活用して事業を実施する事業者に対して、市が費用の一部を助成します。

対象・要件

中小企業基本法第2条第1項に規定する中小企業者またはそれらで構成するグループで、次に掲げる要件のすべてに該当する事業者。

  • 市税の滞納がないこと
  • 空家等を活用して6ヶ月以上営業を継続する意思のあること
  • 事業内容が福井県信用保証協会の保証対象業種であること
  • 事業開始前に、事業計画書を提出していること
  • 国、県その他の補助金等や坂井市商工会新規創業支援事業の補助金を受けていないこと

支援内容

市内の一戸建ての空家等を取得または賃借し、活用した事業に要する経費(消費税を除く)として、次に掲げるもの。ただし、建物の一室や空きスペースを活用するものは対象外とする。

工事費

空家等を事業所に活用するための増改築に要する経費

※ただし、市内の建設業者が施工したものとする。

※なお、下記については補助対象外

  • 建物の解体、除去のみを行う工事
  • 太陽光発電製品の設備費
  • 家具、調度品、家庭用電化製品の購入・設置やCATV、電話、インターネットの接続配線工事
  • 維持管理工事(点検、清掃、消耗品の交換及び故障修理)や障子ふすまの張り替え、畳の表替え等の軽微な修繕費

家賃

事業を実施する際に賃借した物件で、開業した日の属する月の翌月から6ヶ月間の家賃

補助率・補助額

〇工事費・・・補助対象経費(消費税を除く)の2分の1以内で、上限500,000円

〇家賃・・・補助対象経費(消費税を除く)の2分の1以内で、上限200,000円

(注意)1,000円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てる

申請手続き

事業開始前に以下の書類を坂井市商工労政課に提出

1.事業計画書(様式第2号)(ワード:81KB)

2.事業所(空家等)の所在地がわかる書類

3.会社概要のわかるもの(パンフレット等)

 

〇上記事業計画書を提出し、6ヶ月以上の事業を継続後に以下の書類を坂井市商工労政課に提出

4.補助金等交付申請書兼請求書(空家活用ビジネス支援事業)(ワード:59KB)

5.収支決算書(エクセル:14KB)

6.内容確認書(写)

【工事費】

7ー1.工事着工前・完成後の写真

7ー2.図面(工事の内容がわかる工事前後の図面)

7ー3.登記事項証明書・開業届等の写し(新規開業の場合)

7ー4.工事契約書の写し

7ー5.工事費支払証明書(領収書等)の写し

【家賃】

8ー1.賃貸借契約書の写し

8ー2.家賃支払証明書(領収書等)の写し

注意

  • 事業計画書(様式第2号)の提出は事業実施前に行う必要があります。事業実施後の手続きは認められません。
  • 経費の配分調書において、補助事業等に要する経費には税込みの金額、補助対象経費には税抜きの金額を記入してください。

お問い合わせ

商工労政課

電話番号:0776-50-3153 ファクス:0776-68-0440

福井県坂井市坂井町下新庄1-1

メールアドレス<syoukou@city.fukui-sakai.lg.jp>

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?