心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > 健康・医療・福祉 > 福祉 > 障がい者福祉 > 「電話リレーサービス」へのご理解をお願いいたします

ここから本文です。

更新日:2020年11月18日

「電話リレーサービス」へのご理解をお願いいたします

電話リレーサービスとは?

聞こえない・聞こえにくい人(聴覚障がい者等)が、聞こえる人へ気軽に電話がかけられるサービスです。

電話リレーサービス提供事業者(代理電話通訳オペレーター)が、聴覚障がい者等からのテレビ電話(手話)やチャット(文字)による用件を相手先に音声で伝え、相手先からの音声での回答を手話や文字で聴覚障がい者等に伝えることにより、リアルタイムで意思伝達を仲介します。

使い方の例

  • 医療機関などの受診予約
  • 宅配便の不在票への対応
  • デリバリー注文
  • ホテルやツアーの予約内容の変更
  • 遠方に暮らす親族への連絡
  • 勤務先、学校等への欠席連絡 など

みなさまへのお願い

聴覚障がい者等が電話リレーサービスを利用する場合には、通訳オペレーターの所持する電話番号(携帯番号含む)からの発信となります。

また、通話にあたりオペレーターは「聴覚障がい者の電話を通訳します。○○(事業所名)電話リレーサービスです。」と名乗ります。なお、ガイドラインにより通訳オペレーター個人の氏名を名乗ることは禁じられています。

現在、電話リレーサービスの認知度が低いために、通話に支障を来す事例が報告されていますので、市民のみなさまには、このサービスについてのご理解をお願いいたします。

通訳を介しての通話のため、一般的な会話よりも返答に時間がかかります。返答がない場合には通訳が完了していないことがありますので、返答を待ってお話されるよう、ご協力をお願いいたします。

公共インフラとして利用が開始されます

「聴覚障害者等による電話の利用の円滑化に関する法律」が令和2年6月5日に可決され、令和3年度中に電話リレーサービスが開始されることが決定しています。

モデルプロジェクトを実施中です(聴覚・言語障害による身体障害者手帳をお持ちの皆様へ)

一般財団法人日本財団電話リレーサービスでは、公共インフラとしての環境が整うまでモデルプロジェクトとして電話リレーサービスを実施しています。

新規利用登録者を受け付けています(外部サイトへリンク)ので、お気軽にお申し込みください。

なお、利用にあたっては、スマートフォン、タブレット端末など、ブラウザおよびSMS機能が利用できる環境が必要です。(フィーチャーフォンでの利用はできません)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

社会福祉課

電話番号:0776-50-3041 ファクス:0776-68-0324

福井県坂井市坂井町下新庄1-1

一般財団法人日本財団電話リレーサービス
〒107-0052 東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル5階
FAX:03-6229-5599
ホームページ:http://trs-nippon.jp

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?