心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 栄養と食育 > 6月は食育月間です!

ここから本文です。

更新日:2022年6月6日

6月は食育月間です!

毎年6月は「食育月間」、毎月19日は「食育の日」です

6月は食育月間です。この機会に食育について考え、できることから実践してみませんか?

2022食育月間ポスター

「食べること」は「生きること」

「食育」とは、さまざまな経験を通じて、「食」に関する知識と、バランスの良い「食」を選択する力を身に付け、健全な食生活を実践できる力を育むことです。食べることは生涯にわたって続く基本的な営みであり、赤ちゃんから高齢者まで全世代が食育に取組み、正しい知識を身につけ、健全な食生活を実践する必要があります。

できることからはじめてみましょう

身近なところから「食育」を始めませんか?

★家族や友人と楽しく食卓を囲む

★感謝の気持ちを込めて「いただきます」「ごちそうさま」のあいさつをする

★買い物で食品表示を見る、旬の食材を選ぶ

★よく噛んで食べる

★早寝、早起き、朝ごはんを実践する

ふくい100彩(さい)ごはんで健康づくり

福井県は、昔から油揚げや打ち豆などの大豆・大豆製品を多く使う食文化があります。大豆は加工しやすく保存がきくだけでなく、たんぱく質を多く含み、脂質やビタミン、ミネラルなど多くの栄養素が含まれています。

福井県では、大豆や大豆製品を取り入れ、塩分控えめで野菜を多く使用したバランスのとれた食事を「ふくい100彩ごはん」として推進しています。

ふくい・勝ち飯メニューブック

大豆・大豆製品を取り入れたふくい100彩ごはんと、がんばる人の力になるごはん「勝ち飯」のノウハウを生かして考案された栄養バランスご飯が紹介されています。

ふくい勝ち飯メニューbook

大豆料理100レシピ

大豆をキーワードに、福井県内の栄養学や調理学を学ぶ学生さん、食生活改善推進員の方々、お豆腐店などからおすすめの食べ方を募集し、栄養素の基準を満たした100のレシピが紹介されています。

大豆料理100レシピブック

プラスマイナスチャレンジで健康づくり

坂井市は、健康で明るく豊かな生活を送るために今までの生活より

「1日に野菜をプラス1皿」、「塩分をマイナス3g」、「運動をプラス10分」

を推進しています。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康増進課

電話番号:0776-50-3067 ファクス:0776-66-2940

福井県坂井市坂井町下新庄1-1

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?