心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > 市政情報 > 広報 > FOCUS(まちの話題) > FOCUS(2014年) > 2014年12月 > 不便は日常にあります 障がい者の目線で考える(12月21日)

ここから本文です。

更新日:2016年2月25日

不便は日常にあります 障がい者の目線で考える(12月21日)

坂井市障害者プラン住民会議が市多目的研修集会施設で福祉講演会を行いました。講演会には約30人が参加。身体に障がいのある7人で活動している福祉団体「WE@T」(ウエット)が自作した、コンビニでの買い物における「困りごと」のビデオを上映し、同団体代表の下坂達夫(しもさか たつお)さんが解説。日常の障害を一人一人が考えることで、住みよい社会になると話しました。

自身の日常生活での苦労や困難に対する周りの人の手助けの大切さを発表する下坂さん(右)
自身の日常生活での苦労や困難に対する周りの人の手助けの大切さを発表する下坂さん(右)

開催日情報

2014年12月21日

場所情報

よくあるご質問

お問い合わせ

秘書広報課

電話番号:0776-50-3012 ファクス:0776-66-4837

福井県坂井市坂井町下新庄1-1

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?