心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > くらし・手続き・税 > 税金 > 個人市県民税 > 平成29年度(平成28年分)市民税・県民税申告について

ここから本文です。

更新日:2017年1月20日

平成29年度(平成28年分)市民税・県民税申告について

市民税・県民税申告について

平成29年1月1日現在、坂井市に住んでいた人は、平成29年度(平成28年分)市民税・県民税申告書(住民税申告書)を提出する必要があります。

ただし、次の(ア)~(ウ)のいずれかに当てはまる人は、申告書の提出は必要ありません。
(ア)平成28年中の所得が給与または公的年金のみである人
(イ)平成28年中の所得について確定申告書を提出した人
(ウ)平成28年中の合計所得金額が38万円以下の人のうち、確定申告書や住民税申告書、または給与支払報告書等において、控除対象配偶者または扶養親族として氏名が記載されている人

確定申告の必要がない方のうち、住民税申告が必要となる方

次の1~2に当てはまる人は確定申告の必要はありませんが、住民税申告をする必要があります。

  1. 平成28年中の公的年金等の収入が400万円以下で、かつその他の所得が20万円以下の方
  2. 2か所以上から給与の支払いを受けており、平成28年中の年末調整をされなかった給与の収入額と各種所得(給与所得、退職所得を除く)の合計額が20万円以下の方

詳しくは課税課個人住民税係までお問い合わせください。
なお、すでに平成28年分の確定申告をした人は、住民税申告をする必要はありません。

申告期限

平成29年3月15日(水曜日)

申告期限が過ぎた後でも住民税申告書の提出は受け付けますが、市民税・県民税の一回に支払う金額が多くなったり、国民健康保険税が通常より多く算定される場合がありますので、お早めに申告ください。

平成29年度より、申告書へのマイナンバー記載・本人確認が必要となりました

社会保障・税番号制度の施行により、住民税申告書へのマイナンバーの記載、及び本人確認が必要となりました。詳しくは以下の申告に必要なものをご確認ください。

申告に必要なもの

  1. 市民税・県民税申告書
  2. 印鑑(認印可)
  3. マイナンバー確認書類+本人確認書類
    ●マイナンバーカードをお持ちの方
    マイナンバーカード(両面のコピーでも可)
    ●マイナンバーカードをお持ちでない方
    下記の(1)と(2)の両方必要です(コピーでも可)
    (1)通知カード(お持ちでない方はマイナンバー入り住民票で代用可)
    (2)本人確認書類1点(運転免許証、保険証、在留カード、パスポート等)
  4. 源泉徴収票(給与、年金所得がある方)
  5. 所得計算に必要な帳簿、領収書など(事業所得がある方)
  6. 所得金額が証明できるもの(その他の所得がある方)
  7. 国民健康保険料、介護保険料、後期高齢者医療保険料、国民年金保険料などの領収書
  8. 生命保険料、簡易保険料の控除証明書
  9. 地震保険料、長期損害保険料(平成18年末までに契約したもの)などの控除証明書
  10. 医療費控除を受ける人は、医療費の領収書、保険金などで補てんされた金額のわかるもの

注意:7.から10.の領収書などは、平成28年1月1日から平成28年12月31日までに支払ったものに限ります。

申告書の提出先

〒919-0592福井県坂井市坂井町下新庄1-1
坂井市役所財務部課税課個人住民税係

確定申告書について

確定申告書については国税庁ホームページの確定申告特集(外部サイトへリンク)をご覧ください。

よくあるご質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

課税課

電話番号:0776-50-3023 ファクス:0776-66-2932

福井県坂井市坂井町下新庄1-1 多目的研修集会施設1階

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?