心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > 市政情報 > 市の計画・取り組み > 各種計画 > 第二次坂井市一般廃棄物処理基本計画を策定しました

ここから本文です。

更新日:2021年4月1日

第二次坂井市一般廃棄物処理基本計画を策定しました

第二次坂井市一般廃棄物処理基本計画

坂井市では、平成22年1月に地域における循環型社会づくりを目的として、ごみの抑制・再生利用・処理などについての市民・事業者・市の役割を定めた「坂井市一般廃棄物処理基本計画」を策定、中間年度の見直しを平成27年3月に行い、「坂井市一般廃棄物処理基本計画(改定版)」を策定しています。

今般、令和元年度で基本計画の期間が満了になったことに伴い、ごみ排出量予測との乖離、ごみ資源化施策の状況変化、国等のごみ処理基本指針の改定を踏まえた「第二次坂井市一般廃棄物処理基本計画」を令和2年3月に策定しました。計画では、1人1日当りのごみ排出量について、平成30年度の875gから令和11年度までに788gまで減らすことを目標として掲げています。市民の皆様のご協力をよろしくお願いします。(詳細は関連ファイルをご覧ください)

計画期間

  • 令和2年度から令和11年度まで(10年間)
  • 中間年度を5年後の令和6年度とし、計画内容の見直しを行います

計画の基本理念

今後は、世界全体の人口増加や経済成長により、中長期的な資源制約が強まることが予想されるとともに、中国等の新興国における経済発展や資源政策によって資源価格が高騰すると考えられており、私たちの暮らしに根付いている大量生産、大量消費、大量廃棄型のライフスタイルから循環型社会に転換していくことが重要となります。本市においても今後より一層進んでいく超高齢社会に対応するため、市や市民、事業者の三者協働によるごみ処理の取組を進めることが必要不可欠であることから、本計画の基本理念を次のように設定しました。

基本理念 【協働による持続可能な資源循環のまち さかい】

ごみ処理の基本方針

基本方針1 循環型社会の形成

  • 廃棄物の発生・排出抑制、再資源化を図るとともに、適正処理を推進します。

基本方針2 連携と協働による取組の推進

  • 市民、事業者との連携を強化し、協働してさまざまな取組の実施を図ります。

基本方針3 事業の効率化の推進

  • 収集体制などの見直しを通じた廃棄物処理事業の効率化を図ります。

基本方針4 社会状況の変化への対応

  • 超高齢化社会や自然災害の頻発など、社会状況の変化への対応を図ります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境推進課

電話番号:0776-50-3032 ファクス:0776-66-2940

福井県坂井市坂井町下新庄1-1

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?