心から、笑顔になれるまち坂井市

ここから本文です。

更新日:2021年4月1日

ご存知ですか?ジェネリック医薬品

薬画像

ジェネリック医薬品を利用しましょう

ジェネリック医薬品ってどんな薬?

ジェネリック医薬品は、新薬(先発医薬品)と同じ有効成分で効能・効果の等しい医療用の医薬品です。先発医薬品の特許が切れた後に、厚生労働大臣の承認のもとに新たに他社から製造販売されるため、「後発医薬品」とも言われます。
新薬の開発には時間とコストがかかりますが、特許期間中は、開発メーカーが独占的に新薬を製造することができます。しかし、特許期間を過ぎると、他のメーカーも同じ成分・効果の薬を製造できるようになります。こうして生まれた薬がジェネリック医薬品です。
開発コストがかからない分、平均的に先発医薬品よりも安くなっています。そのため、ジェネリック医薬品に切り替えることにより患者さんのお薬代も軽減される場合もあります。

ジェネリック医薬品を使用するには?

ジェネリック医薬品は一般の薬局で購入できる市販薬ではなく、処方せんが必要な薬です。
「ジェネリック医薬品に変更不可」の場合にのみ医師の署名が必要ですが、署名がなければ、薬剤師と相談の上でジェネリック医薬品を使用することができます。
処方せん画像
ただし、すべての先発医薬品に対してジェネリック医薬品が製造販売されているわけではないため、ジェネリック医薬品への変更を希望しても、変更できない場合があります。
また、ジェネリック医薬品は先発医薬品と成分や効果などは変わりませんが、使用されている添加物が異なる場合がありますので、特にアレルギー体質の患者さんの場合は、注意が必要です。医師や薬剤師とよく相談したうえで、体質に合った薬を選びましょう。

「ジェネリック医薬品希望カード」で、自分の意思を伝えよう!

ジェネリック医薬品を処方してもらうには、医師へ「ジェネリック医薬品にしてほしい」と伝えることが必要です。もし、自分から言い出しにくいという方は、「ジェネリック医薬品希望カード」を使って、意思を伝えてください。
「ジェネリック医薬品希望カード」は、保険年金課保険係または各支所地域振興課保険係の窓口にありますので、お申し出ください。
また、日本ジェネリック医薬品学会運営情報サイト「かんじゃさんの薬箱」からもダウンロードすることができます。

ジェネリック医薬品利用差額通知をお送りします

坂井市では、平成24年3月から年2回、医療費削減効果の大きい被保険者の方に対し、「ジェネリック医薬品に関するお知らせ」を送付しています。
この通知書は現在処方されている新薬(先発医薬品)をジェネリック医薬品(後発医薬品)に切り替えることによって、薬代がどれくらい軽減できるか、その一例をお知らせするものです。
被保険者の自己負担額を減らし、なおかつ保険財政の健全化を同時に図ることが期待できます。

通知実施時期

9月・4月の年2回

9月は4月・5月、3月は11月・12月診療分薬剤の自己相当額に関して軽減額の算出を行っています。

通知対象者

対象となるのは、該当月に処方された新薬(先発医薬品)をジェネリック医薬品(後発医薬品)に切り替えた場合、薬代の自己負担額が200円以上の差額が出る人です
※国保に加入されている方全員に届くものではありません。

差額通知書の内容や概要、ジェネリック医薬品に関するお問い合わせ先

後発医薬品利用差額通知コールセンター
フリーダイヤル0120-53-0006
平日(月曜日から金曜日)9時から17時(土・日・祝日・年末年始は除く)
ジェネリック医薬品って?

お問い合わせ

保険年金課

電話番号:0776-50-3031 ファクス:0776-66-2940

福井県坂井市坂井町下新庄1-1

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?