らしさ、かがやく。坂井市

ホーム > 観光・文化・スポーツ > 観光 > 丸岡城プロジェクションマッピングナイト「ヒカリ結び」

ここから本文です。

更新日:2024年7月11日

丸岡城プロジェクションマッピングナイト「ヒカリ結び」

本事業は、福井県補助金「夜間観光促進事業」を活用させていただき実施したもので、地域のシンボル「丸岡城天守」が最先端技術(プロジェクションマッピング)と融合し、丸岡城の新たな魅力を創出します。

また、令和5年10月より、プロジェクションマッピングで使用する電力に水力電源100%の電気料金メニュー「アクアECOプラン」を導入し、年間のCO₂排出量を約7t-CO₂削減することで、脱炭素社会の実現および地域社会の持続的な発展に取り組んでいます。

最新情報

丸岡藩誕生400年記念
プロジェクションマッピングナイト「ヒカリ結び」
特別篇『丸岡城が語る400年時代絵巻』
令和6年3月30日(土曜日)から毎日上映中!

特別篇キービジュアル

今回のテーマは、「400年時代絵巻」。1624年に本多成重を初代藩主として丸岡藩が誕生してから今年で400年となり、築城以来ずっと時の流れを見守ってきた丸岡城がその歴史を語ります。

かつて丸岡城天守は、1948年の福井地震で石垣もろとも倒壊しましたが、当時の町長をはじめとする町民の熱い想いが多くの人々を動かし、奇跡的にわずか7年足らずで震災前と変わらない姿に修復され、往時の姿に蘇りました。

これからも丸岡城は、まちのシンボルとして郷土の誇りや精神を引き継いでいくとともに、倒壊による消滅危機から蘇った奇跡の修復城として、広く人々に語り継がれていくことになるでしょう。

そんな丸岡城役として声優を務めるのは、PMaoi
福井市出身の人気声優・蒼井翔太さん。

蒼井さんの語りがナビゲートするなか、400年にも渡る
丸岡城の壮大な歴史や坂井市の美しい四季を、
時代絵巻のようにプロジェクションマッピングで描きます。

上映スケジュール

①20時 ②21時の計2回 ※上映時間は約11
どちらも特別篇「丸岡城が語る400年時代絵巻」となります。
上映内容が変わる場合は、ホームページでお知らせいたします。

プロジェクションマッピングは2箇所で楽しめます

お天守マッピング】場所:丸岡城天守

PM4kaguraPM4sakura

丸岡城天守の北東側壁面に投影されます。

映像は、季節ごとに内容を入れ替えて上映しています。

原則、毎日上映しておりますが、機器のメンテナンス等により上映を休止する場合には、事前にお知らせいたします。
また、毎年6月21日、6月28日、7月7日は環境省が地球温暖化対策として展開する「ライトダウンキャンペーン」に賛同し、上映を休止させていただきますのでご了承ください。
上映する作品は次のとおりです。

作品一覧

第1弾「伝説篇」

丸岡城にまつわる伝説(お静人柱伝説、雲の井竜神伝説)をモチーフに組み立てられたストーリー性のあるコンテンツとなっています。

【お静人柱伝説】

丸岡城の築城が進む中、どういう訳か天守台の石垣が何度積んでも崩れてしまい、一向に工事が捗らなかった。『神か悪霊の仕業か。人柱を立てれば治まるのではないか?』と誰かが上伸したそうだ。そこで人柱に選ばれたのが隻眼のお静である。お静は子供を武士に取り立てて貰うことを条件に自らの命を差し出した。そして、天守の中柱の下に埋められ、そこから石垣は崩れなくなったと云う。ところが、お静の子は武士に取りたてて貰えなかった。お静は怨霊となり、藻刈りの時期になると春雨をふらせ堀の水をいっぱいにして皆を困らせた。人々はお静を鎮めるため小さなお墓を建て、霊を慰めたと云う。

【雲の井竜神伝説】

天正三年(一五七五)織田信長が越前の一向一揆を平定後、柴田勝家の甥、伊賀守勝豊が豊原からここに移り築城した。豊原は一向一揆の最後の根拠地であったため、この地に築城後も一揆の残党が攻撃を仕掛けてくることもしばしばであった。しかし、そのたびごとに、井戸の中より大蛇があらわれ、城に"かすみ”をかけて城の危機を救った。この伝説が別名「霞ヶ城」と呼ばれる所以である。現在も春先などに、すっぽりと"かすみ”に覆われた「霞ヶ城」を見ることができる。

竜神

第2弾「未来創造篇」

坂井市が誇る様々な要素が、将来を担う子どもたちをはじめ、地域の方々、坂井市を訪れる方々など、一人ひとりの僅かな力の終結によって大きな魅力となり、日本に留まらず、世界へ広がっていくことを願って作られた映像となっています。

未来

第3弾「平和の祈り篇」

坂井市は、福井震災をはじめ豪雪や豪雨被害で大きな損害を受けてきましたが、地域が手を取り合って復興を繰り返してきました。

世の中が不安に包まれる中、これまでのようにみんなが一体となって元気に取り戻してほしい、また、その願いを丸岡城から世界へ届けたいという想いから、平和の祈りを復興の象徴であるフェニックスに乗せて演出しています。

平和

【お天守前公園マッピング】場所:お天守前公園

人感センサー付きのコンテンツです。人の動きに合わせて光が動く8種類の演出が楽しめます。

毎日:日没後~22時00分

 

一筆公園(花火)

料金

プロジェクションマッピングの観覧は無料です。

 

一筆啓上作品を施した行灯120基の設置

期間:3月中旬~12月中旬

時間:日没~22時00分

行灯からの優しい光が来場者の足元を照らし、夜の古城をつつみます。

行灯には坂井市内の高校生によって書き写された一筆啓上作品が施されています。

高校生の躍動感あふれる文字により浮かび上がる作品には、ひとつひとつ違った表情が宿されています。

行灯

プロモーションビデオ

伝説篇の紹介動画はこちらから(外部サイトへリンク)

未来創造篇の紹介動画はこちらから(外部サイトへリンク)

平和の祈り篇の紹介動画はこちらから(外部サイトへリンク)

丸岡城が語る400年時代絵巻の紹介動画はこちらから(外部サイトへリンク)

 

お問い合わせ

プロジェクションマッピング等に関する問い合わせは、下記までご連絡ください。

坂井市観光交流課 TEL 0776-50-3152

(月曜日から金曜日 8時30分から17時15分まで)

坂井市役所(本庁) TEL 0776-66-1500

(月曜日から金曜日の17時15分以降、土曜日、日曜日、祝日)


場所情報

以下、地図用のデータが続きます。 地図用データをスキップ

解像度
名前 緯度経度
丸岡城天守 36.1523318,136.2720137
お天守前公園 36.1520426,136.2714292

地図用データ終了

お問い合わせ

観光交流課

電話番号:0776-50-3152 ファクス:0776-68-0440

福井県坂井市坂井町下新庄1-1

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?