心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 文化財 > 坂井市指定文化財 > 本多家歴代墓所(坂井市指定文化財史跡)

ここから本文です。

更新日:2017年8月15日

本多家歴代墓所(坂井市指定文化財史跡)

「本多家歴代墓所」は丸岡町巽の本光院(ほんこういん)の境内、本堂に向かい左手奥にあります。墓は全て大きな石製の五輪塔で、掲載写真の奥から順に本多重次(丸岡本多家成重の父)、成重(丸岡本多家初代)、重能(丸岡本多家2代)、重昭(丸岡本多家3代)の墓になっています。さらにその手前には一回り小さい五輪塔が並んでいます。本光院はもともと、丸岡城初代藩主の本多成重の死後に現在の石城戸町白道寺(びゃくどうじ)に本多家の菩提寺として創建されました。しかし、本多家が改易となり、新しく有馬家が入部する際に有馬家の菩提寺である白道寺に寺地を譲り、現在の地へ移りました。五輪塔もその際に移されたと言われています。

本多家歴代墓所
本多家歴代墓所。奥より本多重次(初代成重の父)、初代成重、2代重能、3代重昭の順で並んでいます。

場所情報

お問い合わせ

文化課

電話番号:0776-50-3164 ファクス:0776-68-1480

福井県坂井市坂井町上新庄28-5-3 第2別館2階

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?