心から、笑顔になれるまち坂井市

ここから本文です。

更新日:2021年4月12日

高齢者等SOSネットワーク

近年の高齢化の進展に伴い、今後も認知症の高齢者が増えると推計されています。今後も認知症の方が住み慣れた地域で可能な限り生活を続けていくためにはこれまで以上に地域における認知症施策の推進を図っていくことが重要です。

SOSネットワークは、市や警察署をはじめ、社会福祉協議会や民生委員等の協力のほか、市内協力事業所が家に帰れなくなった高齢者等を速やかに発見・保護するためのシステムです。事前登録をしておくと、迷い人として保護されたときや、行方不明になったとき、速やかに対応することができます。

詳しくは、SOSネットワーク運用マニュアル(PDF:602KB)をご覧ください。

令和2年9月からSOSネットワークをさらに強化するためにどこシル伝言板を導入します。既存の登録番号付き反射ステッカーに替わり、「QRコード付きラベル・シール」の交付を始めました。ラベル・シールを対象者の服や持ち物に貼り付けておき、行方不明発生時に発見者がスマートフォン等で読み取ることで、インターネット上の伝言板が表示され、ご家族にメールが自動送信されます。また、発見者とご家族は、個人情報を開示することなく、伝言板を介して直接やり取りが可能なため、発見から保護、引き渡しを安心・安全・迅速に行うことができます。

事前登録者を募集しています

対象者

次のいずれかに該当する方

  • 65歳以上の認知症及び認知症疑いにより行方不明となるおそれのある方
  • 若年性認知症により行方不明となるおそれのある方

登録方法

  1. 高齢福祉課までご連絡いただくか、ホームページからマニュアル・事前登録届をダウンロードしてください。
  2. 事前登録届(PDF:182KB)およびどこシル伝言板登録シート(ワード:22KB)に必要事項を記入(写真を添付)の上、高齢福祉課にご提出ください。
  3. 高齢福祉課から、利用決定通知とQRコード付きラベル・シールをお渡しします。

行方不明に気づいたとき

お近くの警察署に捜索願を提出してください。捜索願を警察に依頼する際、電話等でご連絡いただけることで、SOSネットワーク関係機関に事前登録情報を提供し捜索の協力を行います。(事前登録していない場合は、捜索依頼書を警察若しくは高齢福祉課に提出いただくことで、SOSネットワーク関係機関に情報を提供し捜索の協力を行います。)

QRコード付きラベル・シール

希望する事前登録者にはQRコード付きラベル・シールをお渡しします。

交付枚数:対象者1人あたり40枚(耐洗ラベル30枚、蓄光シール10枚)

どこシル伝言板(耐洗)

自己負担額

なし

(注意)追加交付を希望される場合は、自己負担となります。

協力事業所を募集しています

このSOSネットワークに賛同し、協力いただける市内事業所を随時募集しています。

協力事業所は、普段の業務の範囲内で気がかりな高齢者等を見守ったり、行方不明になった高齢者の捜索の協力をしていただきます。

登録方法

  1. 協力事業所登録届に必要事項をご記入し、高齢福祉課にご提出ください。
  2. 高齢福祉課から、協力事業所決定通知と事業所登録証をお渡しします。

事業所登録証

協力事業所には、事業所登録証(店舗用・自動車用のステッカー)をお渡しします。このステッカーを店舗や自動車に貼っていただくことで、SOSネットワークの証とするとともに、周知の協力をしていただきます。

店舗用ステッカー自動車用ステッカー

(左)店舗用ステッカー (右)自転車用ステッカー

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

高齢福祉課

電話番号:0776-50-3040 ファクス:0776-66-2940

福井県坂井市坂井町下新庄1-1

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?