心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > 市政情報 > 選挙 > 選挙の種類・しくみ > 選挙人名簿抄本の閲覧

ここから本文です。

更新日:2016年5月12日

選挙人名簿抄本の閲覧

選挙人名簿抄本の閲覧制度の改正を内容とする公職選挙法の一部改正法が平成18年6月14日に公布され、平成18年11月1日から施行されました。

選挙人名簿抄本の閲覧制度が改正されました
選挙人名簿抄本の閲覧制度の改正を内容とする公職選挙法の一部改正法が平成18年6月14日に公布され、平成18年11月1日から施行されました。
この改正によって、個人情報保護の観点などから閲覧できる場合が明確化・限定され、違反者に対する制裁措置が新設されました。

閲覧できる場合が明確になりました。

  1. 選挙人名簿に登録されているかどうかの確認をするために閲覧する場合。
  2. 公職の候補者等及び政党その他の政治団体が政治活動・選挙運動を行うために閲覧する場合。
  3. 統計調査、世論調査、学術研究その他の調査研究で公益性が高いと認められるもののうち政治・選挙に関するものを実施するために閲覧する場合。

※ただし、市区町村選挙管理委員会は、閲覧により知り得た事項が不当な目的に利用されるおそれがある場合等に閲覧を拒否することができることとされています。
※また、一部の市区町村で認められていた選挙人名簿抄本のコピーについて、今後は認められないこととなります。

閲覧の手続等が明確になりました。

  1. 閲覧申出に際しては、申出者及び閲覧者の氏名・住所、閲覧事項の利用目的・管理方法、閲覧事項を取り扱える者の範囲などを明らかにしていただきます。
  2. 閲覧で知り得た事項を本人の事前の同意を得ないで利用目的以外の目的に利用し、又は事前に申し出た以外の者に取り扱わせることは禁止されます。
  3. 偽りその他不正の手段により閲覧した場合や目的外利用・第三者提供の禁止に違反した場合で個人の利益を保護する必要があると認めるときは、勧告や命令をすることになります。また、必要な限度において申出者から必要な報告をさせることがあります。
  4. 閲覧申出者の氏名、利用目的の概要等は公表されます。

閲覧する方については、本人確認のため、顔写真付きの身分証明書の提示が必要です。

制裁措置が新設されました。

  1. 選挙管理委員会の命令に違反した場合、6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金が課されます。
  2. 選挙管理委員会が求める報告をしなかった場合や虚偽の報告をした場合、30万円以下の罰金が課されます。
  3. 偽りその他不正の手段により閲覧した場合や目的外利用・第三者提供の禁止に違反した場合、30万円以下の過料が課されます。

詳しくは、下記チラシをご覧ください。

選挙人名簿抄本の閲覧制度の見直し(チラシ)(PDF:390KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

選挙管理委員会

電話番号:0776-50-3015 ファクス:0776-66-4837

福井県坂井市坂井町下新庄1-1 坂井市役所本庁2階

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?