心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > 事業者向け > 税金 > 個人市・県民税 > 退職所得にかかる市民税・県民税について

ここから本文です。

更新日:2016年5月12日

退職所得にかかる市民税・県民税について

退職所得に対する個人の市民税・県民税(住民税)については、所得税と同様に、他の所得と区分して退職手当等の支払われる際に支払者が税額を計算し、退職所得等の支払金額からその税額分を差し引いて、市民税と県民税をあわせて市に納付することとされています。

納税義務者

退職手当等の支払いを受けるべき日(通常は退職日)の属する年の1月1日現在、坂井市にお住まいの人です。

課税されない人

  • 退職手当等の支払いを受けるべき日の属する年の1月1日現在において、生活保護法による生活扶助を受けている人。
  • 退職手当等の支払いを受けるべき日の属する年の1月1日現在において、国内に住所を持たない人。(分離課税としての納税義務はありません。この場合には他の所得と同様翌年度に住民税が課税されます)
  • 退職所得等の収入金額が退職所得控除額より少ない人。
    ※なお、死亡により相続人等に支払われる退職手当等に対しては、相続税の対象であるため住民税は課税されません。

納入方法と納期限

納入方法

  1. 給与から住民税の特別徴収を行っており、お手元に納入書がある場合には、退職所得分の納入金額を追加記入し、納入してください。
  2. お手元に納入書がない場には、個人住民税特別徴収用届出書ダウンロードの『坂井市納入書』をご利用ください。

※納入書裏面の『納入申告書』に内訳等を記載してください。書ききれない場合や2ヶ所以上から退職手当等の支給を受ける人がいる場合などは、退職手当等に係る市・県民税特別徴収税額納入申告内訳書(PDF:545KB)を提出してください。

納入期限

徴収した月の翌月10日までに指定金融機関等で納入してください。

税額の計算(平成25年1月1日以降適用)

  • 市民税の計算 市民税=退職所得金額×6%[100円未満の端数切捨て]
  • 県民税の計算 県民税=退職所得金額×4%[100円未満の端数切捨て]

退職所得金額の計算方法
退職所得金額=(退職収入-退職所得控除)×1/2[1000円未満の端数切捨て]
※平成25年1月1日以後に支払われるべき勤続年数5年以下の法人役員等の退職金については、上記計算式の1/2は適用されなくなりました。
退職所得控除額の計算

  1. 勤続年数が20年以下の場合 40万円×勤続年数(控除額が80万円に満たないときは、80万円)
  2. 勤続年数が20年超の場合 800万円+70万円×(勤続年数-20年)

※勤続年数の計算において、1年未満の端数は切り上げます。
※在職中に障害者となったことにより退職した場合には上記により計算した退職所得控除に100万円が加算されます。

特別徴収票の提出

特別徴収票(所得税の退職所得の源泉徴収票と同様式、同一用紙)は、退職手当等の支払者が、各受給者について支払の確定した退職手当等の金額や特別徴収税額等を記載して2通作成し、退職後1月以内に1通を市長に提出し、他の1通を受給者に交付しなければなりません。ただし、次のとおり、特別徴収票の交付または提出が省略できる場合があります。

  1. 会社その他の法人(人格のない社団又は財団を含む)の取締役、監査役、理事、監事、精算人その他役員又は相談役若しくは顧問以外の受給者の特別徴収票については、市長への提出は不要です。
  2. 分離課税に係る所得割が課税されないときは、受給者への交付及び市長への提出は不要です。ただし、受給者から交付の請求があった場合は、これに応じなければなりません。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

課税課

電話番号:0776-50-3023 ファクス:0776-66-2932

福井県坂井市坂井町下新庄1-1 多目的研修集会施設1階

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?