心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > 事業者向け > 農林水産業 > 農業 > 人・農地プラン(地域農業マスタープラン)について

ここから本文です。

更新日:2018年3月29日

人・農地プラン(地域農業マスタープラン)について

人・農地プランについて

農業従事者の高齢化や後継者不足、耕作放棄地の増加などで、5年後、10年後の展望が描けない集落・地域が増えている中で、持続可能な力強い農業を実現するためには、基本となる人と農地の問題を一体的に解決していく必要があります。このため、国は平成24年度から、それぞれの集落・地域において、話し合いを行い、集落・地域が抱える人と農地の問題を解決するための「未来の設計図」となる「人・農地プラン」を作成した集落・地域に様々な支援を行います。
集落等における話し合いによって定めるプランの内容は次のとおりです。

  • 今後の中心となる経営体(個人、法人、集落営農等)はどこか
  • 中心となる経営体へどうやって農地を集めるか
  • 中心となる経営体とそれ以外の農業者(兼業農家等)を含めた地域農業のあり方

記載例(人農地プラン)(エクセル:115KB)

人・農地プラン作成のメリット

作成した「人・農地プラン」に位置づけられることにより、以下の支援を受けることができます。

  • 青年就農給付金(経営開始型)
  • 機構集積協力金(経営転換協力金、耕作者集積協力金、地域集積協力金)
  • スーパーL資金の金利負担軽減措置について

各事業の詳細については下記をご覧ください。
青年就農給付金について(外部サイトへリンク)
農地中間管理事業(機構集積協力金)(エクセル:70KB)
スーパーL資金の金利負担軽減措置について(外部サイトへリンク)

人・農地プラン作成にかかる市の支援について

  1. 人・農地プランの作成に取り組まれる集落は、農業振興課までご連絡ください。
  2. 人・農地プランの様式に集落・地域の中心となる経営体の現状について記入したものを集落にお渡しいたします。
  3. 2の現状を確認しながら、プランに加える者がないか、修正する者がないか集落内で話し合いをして下さい。
  4. 上記1~3を受けて、市が人・農地プランの原案を作成します。
  5. 作成された原案を、関係機関や農業者の代表で構成する検討会に諮り、集落・地域の人・農地プランとして認定を行います。

人・農地プランの公表について

平成27年度における農地中間管理事業の推進に関する法律(平成25年法律第101号)第26条第1項に基づく農業者等の協議が行われましたので、同項の規定により次のとおり公表します。

H27.3公表人農地プラン(坂井市)(PDF:938KB)

H28.3公表人農地プラン(坂井市)(PDF:1,362KB)

H28.12公表人農地プラン(坂井市)(PDF:685KB)

H29.3公表人農地プラン(坂井市)(PDF:438KB)

H30.3公表人農地プラン(坂井市)(PDF:488KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農業振興課

電話番号:0776-50-3150 ファクス:0776-68-0440

福井県坂井市坂井町上新庄28-5-3 坂井健康センター2階

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?