心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > 防犯・防災 > 防災 > 自主防災組織育成 > 自主防災組織育成

ここから本文です。

更新日:2016年5月23日

自主防災組織育成

自助・共助と公助の基本的関係

災害の発生に際しましては、行政や消防・警察などの防災機関、公共の機関、関係団体、広域的なボランティア団体などが連携し対応すること(公助)になりますが、被害をより軽減するためには、市民一人ひとりが日頃から災害に備え、できる限り自ら危険を回避し対応すること(自助)、と同時に危険発生時には協力し支え合うこと、日頃からそのような体制を整えておくこと(共助)が重要です。

自助とは、自分の命や生活は自分で守る努力をすることをいいます。
共助とは、たくさんの自助がそれぞれに頑張ってお互いを支えあうことです。
公助とは、個人や地域などではできないことを行政や公共の機関・団体などが担うことです。
市は、公助として自助・共助を育むための支援を行います

自主防災組織をつくりましょう

災害による被害を最小限に抑えるためには、地域住民による防災活動が必要です。「自分たちの地域は、自分たちで守る」という意識を持ち、防災活動に取り組みましょう。住民の防災活動が力を発揮するためには、住民同士が協力して組織的に活動することが効果的です。あなたのまちでも、地域防災活動の拠点となる自主防災組織を結成し、災害に強いまちづくりをめざしましょう。

自主防災組織の登録および補助金について

  1. 自主防災組織登録
    市は、区(町内会・自治会)等で組織する自主的な防災組織の育成を支援します。自主防災組織を結成された時は、自主防災組織登録申請書を提出してください。また、登録してある組織に変更(役員等の交代)があった場合は、変更届を提出してください。申請書等の提出窓口は各総合支所地域振興課になります。
    自主防災組織を結成すると、防災資機材等の整備に要する費用の一部について補助が受けられます。
  2. 防災資機材等整備事業補助金
    災害対策組織における防災活動の円滑な実施を図ることを目的として、自主防災組織等が行う防災資機材の購入に要する経費の一部について補助を行います。
    補助率は、補助対象経費の2分の1で、一つの自主防災組織あたり、同一事業年度内で150,000円が限度となります。
    防災資機材に関する補助の詳細については、事業の着手前に各総合支所地域振興課または安全対策課にお問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

安全対策課

電話番号:0776-50-3525 ファクス:0776-66-4837

福井県坂井市坂井町下新庄1-1 坂井市役所本庁2階

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?