心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > 観光・文化・スポーツ > 観光 > 文化・伝統 > 日本一短い手紙 一筆啓上賞

ここから本文です。

更新日:2016年5月13日

日本一短い手紙 一筆啓上賞

一筆啓上賞作品本丸岡町ゆかりの徳川家康の忠臣本多作左衛門重次が陣中から妻に宛てた短い手紙「一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥やせ」(「お仙」とは後の越前丸岡城主 本多成重(幼名 仙千代))の碑が丸岡城にあります。
この碑をヒントに日本で一番短い手紙文を再現し、手紙文化の復権を目指そうということで、平成5年から毎年テーマを定めて「一筆啓上賞」として作品を募集し、平成15年から「新一筆啓上賞」として、日本全国、海外から応募が寄せられています。
また、愛媛県西予市では、毎年、「日本一小さいキャンパス かまぼこ板の絵」を募集しており、平成19年9月から坂井市の「一筆啓上賞」と「かまぼこ板の絵」をあわせて、「日本一短い手紙」と”かまぼこ板の絵”の物語としてコラボし、その作品展を全国各地で開催しています。
坂井市では、このコラボ作品を陶板にして、東尋坊や丸岡城周辺に設置し、これを見る全国から訪れる観光客の心を癒しています。

コラボ作品本

お問い合わせ

公益財団法人丸岡文化財団
電話番号:0776-67-5100

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?