心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 成人保健 > ウオーキング > 新型コロナウイルスに負けない運動のポイント

ここから本文です。

更新日:2021年4月1日

新型コロナウイルスに負けない運動のポイント

新型コロナウイルス感染症対策として普段の健康管理が大切になります。カラダとココロの健康を維持するためには、運動は欠かせないものです。感染拡大防止に十分な配慮をしながら、運動するポイントをご紹介します。

新型コロナウイルス感染症に起因する運動不足の影響

新型コロナウイルス感染症の影響により、外出する機会が減り、筋力の衰えや体重の増加など、あなたの身体に変化は起きていませんか?特に中高年齢層では体力低下や生活習慣病の発症、生活機能の低下(フレイル、ロコモティブシンドローム、認知症等)のリスクが高まっています。

運動不足による筋力低下について

安静臥床(静かに動かず横になっていること)の状態では、筋力は1日約1~3%、1週間で10~15%、3~5週間では約50%もの筋力が低下するといわれています。身体を動かす機会が少なくなると、特に歩くために必要な筋肉量が低下しやすくなります。さらに元の筋肉量になるまでには、運動してなかった期間の約3倍の期間を要するとも言われています。

免疫力を高める運動のポイント

運動は、健康の保持・増進だけでなく、ストレス解消、自己免疫力を高め感染症を予防することにも役立ちます。免疫力を高めるには、食事や睡眠と合わせて体温を上げる運動(ウオーキングと筋トレ)が大切です。

  1. 人混みを避けてウオーキングや散歩をしましょう。
  2. 家事や仕事の合間に筋トレを週3回くらい行いましょう。

三密(密閉・密集・密接)に注意し、まずは「1日10分ウオーキング」から始めて、徐々に増やしてみてください。


下記には、ウオーキングの注意点、おすすめ筋トレ、運動をするにあたっての新型コロナウイルス感染対策について掲載されていますので、参考にしてください。

☆坂井市ではプラスマイナスチャレンジ(→プラスマイナスチャレンジとは)で「運動プラス10分」を推奨しています。

 

irasuto

運動時の感染予防のポイント

ウオーキングや散歩をする時は下記に注意することによって、三密(密閉・密集・密接)を避けることができます。

  1. 一人又は少人数で。
  2. すいた時間・場所を選びましょう。
  3. 他の人と距離をとりましょう。

 

筑波大学久野研究室HPでおすすめの動画を掲載しておりますので、ご紹介します。

運動教室のご案内

市内で実施している運動教室をご紹介します。歩こっさ教室(ウオーキング教室)も開催予定です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康増進課

電話番号:0776-50-3067 ファクス:0776-66-2940

福井県坂井市坂井町下新庄1-1

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?