心から、笑顔になれるまち坂井市

ここから本文です。

更新日:2022年5月25日

3回目接種について【新型コロナワクチン】

この情報は令和4年5月25日時点の情報です。今後変更の可能性がありますのでご注意ください。

★2回目から5か月後に3回目が接種できるようになりました

(PDF:1,087KB)

 

(外部サイトへリンク)


 

 

ワクチン接種によって得られる感染予防効果や重症化予防効果は、時間の経過に伴い、徐々に低下していくことが示唆されています。このため、感染拡大防止及び重症化予防の観点から、2回目接種を完了した全ての人に対して、3回目接種を実施することとなりました。

 

ワクチン接種は強制ではありません。接種による効果と、副反応のリスクの双方をご理解いただき、本人の意思に基づいて受けていただきます。接種を希望する場合はお早めに予約するようご検討ください。

 目次
対象者
実施期間
接種に使用するワクチンの種類
接種券について
接種場所・予約方法について
注意事項
服装と持ち物
費用

 対象者

接種当日に2回目接種日から既定の間隔を経過した12歳以上の人

  • 3回目にファイザー社製ワクチンまたは武田/モデルナ社製ワクチンを接種する人は、2回目接種日から5か月以上の間隔が必要です。(令和4年5月25日付けで、接種間隔が6か月から5か月に短縮されました。)
  • 3回目に武田社(ノババックス)製ワクチンを接種する人は、2回目接種日から6か月以上の間隔が必要です。

接種間隔の考え方

接種間隔が5か月の場合、2回目を接種した日から5か月後の同日から受けられます。5か月後に同日がない場合は、その翌月の1日から接種可能です。(5か月より前に接種することはできません。)

  • 例1…1月10日に2回目を接種した場合、6月10日から3回目接種が受けられます。
  • 例2…1月31日に2回目を接種した場合、7月1日から3回目接種が受けられます。

5か月カレンダー(3回目用)

接種間隔が6か月の場合も同様に、2回目を接種した日から6か月後の同日から受けられます。6か月後に同日がない場合は、その翌月の1日から接種可能です。(6か月より前に接種することはできません。)

目次に戻る

 実施期間

令和4年9月30日(金曜日)まで

目次に戻る

 接種に使用するワクチンの種類

ワクチンについての詳細は、「新型コロナワクチンの接種について」のページをご確認ください。

対象者 3回目接種に使用できるワクチン
12~17歳の人(18歳の誕生日前々日まで) ファイザー社製ワクチンのみ
18歳以上の人(18歳の誕生日前日以降) ファイザー社製ワクチン
武田/モデルナ社製ワクチン
武田社(ノババックス)製ワクチン

12~17歳の場合(18歳の誕生日前々日までに接種を受ける場合)

3回目接種では、1・2回目に接種したワクチンの種類にかかわらず、ファイザー社のワクチンを接種します。武田/モデルナ社ワクチンおよび武田社ワクチンは使用できません。

18歳以上の場合(18歳の誕生日前日以降に接種を受ける場合)

3回目接種では、1・2回目に接種したワクチンの種類にかかわらず、ファイザー社または武田/モデルナ社または武田社(ノババックス)のワクチンの接種が可能です。

海外の研究では、いずれのワクチンを接種しても、抗体価が十分に上昇することが報告されています。

ご自身が接種できる時期に打つことのできるワクチンをできるだけ早く接種することが大事です。

厚生労働省Q&A「3回目接種では、1・2回目接種とは異なるワクチンを使用(交互接種)しても大丈夫?」(外部サイトへリンク)

接種したワクチン 3回目接種前と比較した3回目接種後の抗体量
1・2回目 3回目
ファイザー ファイザー 54.1倍
モデルナ 67.9倍

出典:第76回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会資料

目次に戻る

 接種券について

上記の発送スケジュールより早く接種券を取得する必要がある場合

以下の理由により、通常発送日よりも早期に接種券を取得する必要がある場合は、2回目接種日から5か月経過する月に、坂井市コールセンター(電話:0120-567-607)にご相談ください。

  • 基礎疾患があるため早く予約する必要がある
  • 坂井市外の接種場所を予約するために接種券が必要である
  • 職域で接種を受けるため、接種券を職場や大学に提出する必要がある

送付物

注:送付物の記載内容において、接種間隔が”6か月”と記載されている部分は、”5か月”に読み替えをお願いします。

次の人は、坂井市に接種記録がないため、3回目接種を希望する場合は坂井市に申請してください

  • 他自治体で2回接種した後に坂井市に転入した人
  • 海外で接種した人
  • 海外在留邦人等向け新型コロナワクチン接種事業で接種した人
  • 在日米軍従業員接種で接種した人
  • 製薬メーカーの治験等において接種した人

申請方法はこちら(坂井市に転入した人等の新型コロナワクチン接種券について)

目次に戻る

 接種場所・予約方法について

3回目接種は下記の場所で受けることができます。

接種は住民票を置いている自治体で受けることが原則です。ただし、入院先や入所先、県が開設する大規模接種会場や基礎疾患等で通院中のかかりつけ医のもとで接種する場合は、坂井市以外で接種することが可能です。その他、何らかの事情により坂井市以外で接種を希望する場合、接種先の自治体に接種可能かどうかをご確認ください。

  1. 医療機関で接種する
  2. 坂井市の集団会場
  3. 福井県大規模接種会場(エルパプラス等)で接種する
  4. 職域(勤務先や大学)で接種する

 1.医療機関で接種する場合の予約方法

  • 予約は直接各医療機関へ予約してください。
  • 国から供給されるワクチンの種類は時期により異なります。現在、市内医療機関で使用しているワクチンの種類はファイザー社製ワクチンです。(宮﨑病院のみ武田/モデルナ社製ワクチンの取扱いがあります。)

3回目接種を実施する市内医療機関一覧(PDF:1,087KB)

注意:坂井市外の医療機関で接種を希望する場合は、予約方法等の詳細は直接その医療機関にお問い合わせください。

2.坂井市集団会場

坂井市の集団接種は終了しました。

 3.福井県大規模接種会場(エルパプラス等)の予約について

福井県が大規模接種会場を開設しています。詳細は県のホームページをご確認ください。(福井県新型コロナワクチン県営集団接種会場の設置について(外部サイトへリンク)

注意:福井県の予約は原則ネット予約のみ受け付けていますが、転入者の場合、転入の時期によってネット予約ができない場合があります。ネット予約ができない場合は福井県ワクチン予約サポートセンター(電話:0776-20-0798)に電話してください。

目次に戻る

 注意事項

  • 3回目に接種できるワクチンの種類は、接種当日の年齢により異なります。18歳の誕生日前々日までに接種を受ける場合はファイザー社ワクチンのみを使用します。18歳の誕生日前日以降に接種を受ける場合はファイザー社または武田/モデルナ社のワクチンが選べます。
  • 接種当日の医師による問診の結果、接種不適当と判断され、予診のみで終了した場合、新たに予診票を再発行する必要があります。必ず坂井市へ再発行の申請をしてください。(再発行の申請方法はこちら
  • 新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンは同時に接種できません。新型コロナワクチンの前後にその他のワクチンを接種する場合は、2週間以上の間隔を空けてください。
  • 15歳以下のお子さんの接種を希望する場合は、予診票の署名欄に、保護者(父または母)の氏名を署名してください。署名欄にお子さんの氏名は不要です。
  • 15歳以下のお子さんの接種の際には、原則、保護者(父または母)の同伴が必要です。保護者以外の人が同伴する場合は、保護者が記入した委任状(PDF:80KB)(印刷できない場合は任意の様式で構いません)が必要です。※接種会場によっては保護者以外の同伴を認めていない場合がありますので、接種会場にご確認ください。
  • 体調不良等によりやむを得ず予約をキャンセルする場合は、必ず予約先へご連絡ください。
  • 複数の医療機関等を同時に予約することは絶対にしないでください。

以下の項目に該当する人は、体調が万全であることを確認してから接種会場にお越しください。

  • 2週間以内に、外国への渡航歴がある人(およびそれらの人と家庭や職場内等で接触歴がある人)
  • 2週間以内に、新型コロナウイルスの患者やその疑いがある患者(同居者・職場内での発熱含む)との接触歴がある人
  • 新型コロナウイルスの患者に接触の可能性があり、自主待機中の人

目次に戻る

 服装と持ち物

  • 接種部位は肩の近くです。肩を出しやすい服装で接種会場にお越しください。
  • 当日の持ち物
  1. 3回目用の予防接種済証(みほん(PNG:128KB))※注意※
  2. 追加接種用予診票(みほん(PNG:115KB))※注意※:右上にあらかじめ接種券が印字されています。
  3. 本人確認書類(マイナンバーカードや運転免許証、住所の表記がある健康保険証)
  4. 【15歳以下の人】母子健康手帳
  5. 【15歳以下の人で、保護者(父または母)以外が同伴する場合】保護者が記入した委任状(PDF:80KB)(印刷できない場合、任意の様式で構いません)※接種会場によっては保護者以外の同伴を認めていない場合がありますので、接種会場にご確認ください。

※注意※「3回目用の予防接種済証」と「追加接種用予診票」は切り離さずに持参してください。切り離した場合は、どちらの用紙も忘れずに接種会場へ持参してください。

 

目次に戻る

 費用

新型コロナワクチン接種は無料です。ワクチン接種に便乗した詐欺にご注意ください。

目次に戻る

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

新型コロナワクチン接種コールセンター(新型コロナワクチン接種対策室)

電話番号:0120-567-607 ファクス:0776-66-1650

福井県坂井市坂井町下新庄1‐1

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?