心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 感染症 > 新型コロナウイルス感染症 > 新型コロナワクチン接種 > 新型コロナワクチンの有効期限の取扱いについて

ここから本文です。

更新日:2022年8月29日

新型コロナワクチンの有効期限の取扱いについて

厚生労働省健康局健康課予防接種室より、ファイザー社ワクチンおよび武田/モデルナ社ワクチンの有効期限の取扱いについて、次のとおり通知がありました。

ファイザー社ワクチン(12歳以上用)の有効期限について

ファイザー社ワクチン(12歳以上用)については、薬事上の手続きを経て、マイナス90℃からマイナス60℃で保存する場合の有効期間が、令和3年(2021年)9月10日に6か月から9か月へ、令和4年(2022年)4月22日に9か月から12か月へ、更に同年8月19日に12か月から15か月へと延長されました。

一方で、現在流通しているワクチンのうち、有効期限が令和4年(2022年)2月28日以前となっているワクチンは、有効期間が6か月という前提で印字されています。また、これ以外のワクチンは、有効期限が9か月であるという前提で印字されています。

これらのワクチンについては、有効期間が15か月まであるワクチンとして取り扱って差しつかえないこととなりました。

このため、皆様のお手元に残る予防接種済証(臨時)に対象のロットナンバ―のワクチンシールが貼られることもありますが、有効期限が延長されているものとなりますのでご安心ください。

 

ファイザー社ワクチン(5歳から11歳用)の有効期限について

ファイザー社ワクチン(5歳から11歳用)については、令和4年(2022年)1月21日に薬事上の承認がされ、マイナス90℃からマイナス60℃で保存する場合の有効期間は9か月となっており、同年4月22日に9か月から12か月へと更に延長されました。

一方で、現在流通しているワクチンのうち、有効期限が令和4年(2022年)5月31日以前となっているワクチンは、有効期間が6か月という前提で印字されています。また、これ以外のワクチンは、有効期限が9か月であるという前提で印字されています。

これらのワクチンについては、有効期間が12か月まであるワクチンとして取り扱って差しつかえないこととなりました。

このため、皆様のお手元に残る予防接種済証(臨時)に対象のロットナンバーのワクチンシールが貼られることもありますが、有効期限が延長されているものとなりますのでご安心ください。

 

武田/モデルナ社ワクチンの有効期限について

武田/モデルナ社ワクチンについては、薬事上の手続きを経て、令和3年(2021年)7月16日にマイナス25℃からマイナス15℃で保存する場合の有効期間が6か月から7か月に延長され、同年11月12日にこれが7か月から9か月へと更に延長されました。

一方で、現在流通しているワクチンのうち、有効期限が令和4年(2022年)3月1日以前となっているワクチンは、ロットナンバー3004733のワクチンを除き、有効期間が6か月という前提で印字されています。

また、ロットナンバ―3004733を含む一部のワクチンは、有効期限が7か月であるという前提で印字されています。

このようなワクチンについては、有効期間が9か月まであるワクチンとして取り扱って差しつかえないこととなりました。

このため、皆様のお手元に残る予防接種済証(臨時)に対象のロットナンバ―のワクチンシールが貼られることもありますが、有効期限が延長されているものとなりますのでご安心ください。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

新型コロナワクチン接種コールセンター(新型コロナワクチン接種対策室)

電話番号:0120-567-607 ファクス:0776‐66‐1650

福井県坂井市坂井町下新庄1‐1

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?