心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 栄養と食育 > 毎年6月は食育月間、毎月19日は食育の日です

ここから本文です。

更新日:2020年6月9日

毎年6月は食育月間、毎月19日は食育の日です

6月は食育月間です!

食育月間ポスター

 

どうして食育が大事なの?

「食育」とは、生きる上での基本であり、知育・徳育・体育の基礎と位置づけられるとともに、

様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践

できる人間を育てるものです。

「食育」が重要とされる背景には、栄養の偏りや不規則な食事などによる肥満や、それが原因と

考えられる生活習慣病の増加がみられます。また、食の安全や信頼に関わる問題や食料輸入に

依存する問題など食を取り巻く環境が大きく変化しています。

大切な心と身体の健康を保つためにも、生涯にわたって「食べる力」=「生きる力」を育んで

いきましょう。

 

 食育ライフステージ

1.プラス(野菜)マイナス(塩分)チャレンジ

「野菜はたっぷり食べている」「減塩も意識している」と思っていても、バランスよく摂取できて

いない可能性があります。

1日の野菜摂取量の平均は、目標の350gに100gほど足りていない現状です。

野菜には、毎日を健康で元気に過ごすために大切な、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富です。

野菜を増やして塩分を減らすことで、肥満や高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病予防に

なり、心筋梗塞、脳出血、脳梗塞や腎不全など、重篤な病気の発症予防につながります。

自分と家族の健康のために、プラスマイナスチャレンジをしてみましょう!

野菜プラス70ℊ

加熱調理でかさを減らして量をプラス

ミニトマトやカット野菜、冷凍食品などすぐに使える野菜でプラス

レトルト食品や総菜にはさらに野菜をプラス

作り置きの野菜料理で1品プラス

 

塩分マイナス3ℊ

汁物は具をたっぷりにして塩分マイナス

しょうゆやソースは「かける」から「つける」にして塩分マイナス

麺類の汁は残して塩分マイナス

だしや香辛料を効かせておいしく塩分マイナス

 

2.おすすめ!野菜たっぷりヘルシーメニュー!

 

蒸し鶏と野菜のサラダ

いろいろ野菜の焼き浸し

 

 

 

 





お問い合わせ

健康増進課

電話番号:0776-50-3067 ファクス:0776-66-2940

福井県坂井市坂井町下新庄1-1 坂井市役所別館

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?