心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > 市政情報 > 市の計画・取り組み > 各種計画 > 坂井市公共交通計画

ここから本文です。

更新日:2017年7月20日

坂井市公共交通計画

 坂井市の公共交通機関はJR北陸本線、えちぜん鉄道が市中央部を南北に縦貫し、路線バ
スが県都福井市と各市街地を放射状に結び、コミュニティバス「ぐるっと坂井」が市内の各
地域間の移動を支えるほか、タクシーなどが鉄道やバスを補完し、市民の足を確保していま
す。

 しかし、自家用車の普及や郊外への住宅地、商業地開発による都市機能の拡散によって、
自家用車への依存が高い状況にあります。JR北陸本線およびえちぜん鉄道の一日当たりの
乗車人数は横ばい、路線バスやタクシーの年間乗車人数は沿線住民の人口減少などに伴い減
少していますが、コミュニティバスでは一部の接続ルートを除き利用者が増加傾向にあり、
通学や買い物、通院などの移動に利用されています。

 障がいのある方や高齢者をはじめとする移動制約者の通勤や通学、買い物、通院などの日
常生活における移動や市外からの来訪者の移動を確保する上で、公共交通機関の果たす役割
がますます重要視されるとともに地球温暖化対策や中心市街地活性化策の推進などの社会的
状況を背景として、環境にやさしく、大量輸送が可能な公共交通の利用促進が求められてい
ます。

 また、行政や交通事業者、関係団体で構成するクルマに頼り過ぎない社会づくり推進県民
会議において、行政、企業、県民が取り組むアクションプランを策定しており、地域にとっ
て必要不可欠な公共交通を社会全体で残していくための県民運動が実施されています。
今後、高齢化の進展や坂井市内にある県立高校再編による坂井高校の開校、北陸新幹線敦
賀延伸による並行在来線の第3セクター化等、坂井市を取り巻く社会情勢の変化に伴い、市
内公共交通に対する状況も大きく変化することが予想されます。

 本計画では、平成21 年9月に本格運行を開始したコミュニティバス「ぐるっと坂井」の利
用が定着しつつある中で、地域や交通事業者、行政が連携を図りながら、公共交通ネットワ
ークの確保および利用しやすい公共交通環境の整備、住民に対する意識啓発を推進し、利便
性の高い持続可能な公共交通体系の確立に向けた計画の策定を目的とします。

坂井市公共交通計画【改訂版】(PDF:33,473KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画情報課

電話番号:0776-50-3013 ファクス:0776-66-4837

福井県坂井市坂井町下新庄1-1 坂井市役所本庁2階

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?