心から、笑顔になれるまち坂井市

ここから本文です。

更新日:2017年8月18日

印鑑登録の手続き

印鑑登録は、印鑑登録証(カード)に登録する方法とマイナンバーカードや住民基本台帳カードに登録する方法の2つがあります。こちらでは印鑑登録証の登録手続きについて説明します。マイナンバーカードや住基カードに印鑑登録する場合はこちらをご覧ください。→マイナンバーカード(個人番号カード)住民基本台帳カード

印鑑登録の手順(本人申請の場合)

下記の必要なものをご用意いただき本庁市民生活課または最寄りの支所地域振興課市民グループで申請してください。

必要なもの

  • 登録する印鑑
  • 手数料300円
  • 官公署が発行している顔写真付きの身分証明書(運転免許証・パスポート・在留カードなど)。
  • 顔写真付きの身分証明書をお持ちでない人の場合は、以下の2つの方法のうちいずれかになります。

保証人がいる場合
市民生活課または各支所地域振興課市民グループの窓口にそなえてある申請書に、保証人(坂井市ですでに印鑑登録をしている人)から署名、押印、印鑑登録番号等を受領し、申請してください。申請の際は登録する本人の身分証明書(健康保険証など)をご持参ください。

保証人がいない場合
登録する印鑑を用意していただき、本人が窓口申請します。市から本人に照会書を送付しますので、その用紙に必要事項を記入、押印したものと、身分証明書(健康保険証・年金証書など)を窓口にご持参ください。即日登録はできません。

印鑑登録の手順(代理人申請の場合)

やむをえない事情で、本人が登録申請に来ることができない場合は、代理人による申請(登録)ができます。ただし、即日登録することはできません。(代理人の方が、申請手続きされるときは、同一の窓口にお越しください)

代理人申請の場合の手順

同じ代理人の方に3回、同じ窓口に来ていただくことになります。

  1. 代理人が窓口の申請書を持って帰る(本人が必要事項を記入、押印)
  2. 代理人が1の申請書を持参する(市民課から登録する本人あてに照会書の送付)
  3. 照会書が届く(本人が必要事項を記入、押印。代理人に渡す)
  4. 代理人が下記のものを持参して印鑑登録

必要なもの

  • 照会書
  • 登録する印鑑
  • 代理人の印鑑
  • 登録する本人と代理人の身分証明書(運転免許証・健康保険証・年金証書など原本)
  • 手数料300円

印鑑および登録証の紛失・変更などの場合

下記の場合はそれぞれ届出が必要になります。

  • 印鑑登録証(カード)を失くしたり、登録印鑑を失くした場合
  • 登録印鑑の変更・盗難による登録の廃止の場合
  • 代理人が上記の届けを行うときは委任状が必要です。
  • 紛失、変更、破損などで再登録申請する場合は新規登録と同じ手続きが必要です。
  • 氏または名の変更、死亡のときは登録が抹消されます。
  • 坂井市から転出すると印鑑登録は抹消となりますので、印鑑登録証はお返しください。

受付時間

  • 印鑑登録証(カード)に登録する場合(休日、年末年始を除く)
    • 月曜日から木曜日 午前8時30分から午後5時15分(受付時間)
    • 金曜日 午前8時30分から午後7時00分(受付時間)
  • マイナンバーカードまたは住民基本台帳カードに印鑑登録する場合(休日、年末年始を除く)
    • 平日 午前8時30分~午後4時30分(受付時間)

受付場所及び問合せ先

本庁市民生活課または各支所地域振興課市民グループ

よくあるご質問

お問い合わせ

市民生活課

電話番号:0776-50-3030 ファクス:0776-68-0324

福井県坂井市坂井町下新庄1-1 坂井市役所本庁1階

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?