心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > 子育て・教育 > 子育て > 子育て支援 > 低所得の子育て世帯に対する「子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分)」について

ここから本文です。

更新日:2021年7月5日

低所得の子育て世帯に対する「子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分)」について

新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、低所得の子育て世帯に対し、その実情を踏まえた生活の支援を行う観点から、子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外の低所得の子育て世帯分)を支給します。

(注意)以下、「ひとり親世帯以外の低所得の子育て世帯」を「その他世帯」といいます。

1.支給対象者

給付金の対象となる方は・・・次の(1)と(2)の両方に当てはまる方(ひとり親世帯分の給付金を受け取った方を除く)


(1)平成15年4月2日(特別児童扶養手当の対象となっている児童の場合は平成13年4月2日)から令和4年2月28日までの間に出生した児童を養育する父母等


(2)令和3年度住民税(均等割)が非課税の方または令和3年1月1日以降の収入が新型コロナウイルス感染症の影響を受けて急変し、住民税(均等割)が非課税相当の収入(下表参照)となった方
(注意)主たる生計維持者(所得の高い方)の令和3年1月1日以降の任意の1か月の収入(給与であれば「総支給額」)に12を乗じた金額が、非課税相当収入限度額以下であれば支給対象となる場合があります。

●坂井市非課税相当収入限度額表

 世帯の人数(注)  非課税相当収入限度額
2人 (例)夫または妻、子1人  1,378,000円
3人 (例)夫、妻、子1人  1,680,000円
4人 (例)夫、妻、子2人  2,097,000円
5人 (例)夫、妻、子3人  2,497,000円
6人 (例)夫、妻、子4人  2,897,000円

(注意)世帯人数は、申請者本人、同一生計配偶者(収入金額103万円以下の者)、扶養親族(16歳未満の者を含む)の合計人数です。


2.支給額

児童1人当たり一律5万円

3.申請手続き

次のとおり(1)申請が不要な方と(2)申請が必要な方に区分され、主たる生計維持者(所得が高い方)が申請者となります。

(1)申請が不要な方

  • 令和3年4月分から令和4年3月分までのいずれかの月分の児童手当の受給者で令和3年度住民税(均等割)が非課税の方(職場から児童手当を受給している公務員を除く)
  • 令和3年4月分から令和4年3月分までのいずれかの月分の特別児童扶養手当の受給者で令和3年度住民税(均等割)が非課税の方

(注意1)児童手当制度において、本市に申請されている児童(平成15年4月2日以降に出生した児童)分を支給しますが、申請されていない児童がいる場合は、申請が必要となります。

(注意2)令和3年度の住民税の所得情報が不明な方(未申告の方)は、所得税申告または住民税申告をした上で、子ども福祉課までご相談ください。(申告書の控えをご持参ください)

(注意3)本給付金の受給を辞退される場合には、「坂井市低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(その他世帯分)受給拒否の届出書(PDF:88KB)」を提出してください。

(2)申請が必要な方

上記(1)に該当しない方(詳しくはこちら

4.申請先

申請時に居住している自治体

申請時点で坂井市に居住している方は、坂井市役所健康福祉部子ども福祉課に申請してください。

5.申請受付期間

令和3年(2021年)8月10日(火曜日)~令和4年(2022年)2月28日(月曜日)

(注意)申請書の不備等により支給が完了せず、上記申請期限までに連絡・確認ができない場合や令和4年3月31日(木曜日)までに支給が完了できない場合は、支給できませんのでご注意ください。

6.支給時期

(1)の「申請が不要な方」へは、支給要件を確認後、令和3年7月28日以降に順次支給します。

(注意1)対象の方には、支給前に案内文を送付しますので、支給日をご確認ください。

(注意2)本給付金を辞退される場合には、「坂井市低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付 金(その他世帯分)受給拒否の届出書(PDF:88KB)」を案内文に記載されている辞退期限までに提出してください。

(2)の「申請が必要な方」へは、申請受理後、書類審査の上、翌月中旬頃に支給します。(書類不備等の状況により遅れる場合があります。)

7.支給方法

(1)申請が不要な方

児童手当または特別児童扶養手当の振込口座へ振り込みます。

(注意1)上記振込口座に変更があった場合は、「坂井市低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(その他世帯分)支給口座登録等の届出書(PDF:114KB)」を提出してください。

(注意2)児童手当または特別児童扶養手当を受給しているご本人名義の口座に限ります。

(2)申請が必要な方

申請時に指定された口座へ振り込みます。

(注意1)申請後、指定口座に変更があった場合は、「坂井市低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(その他世帯分)支給口座登録等の届出書(PDF:114KB)」を提出してください。

(注意2)申請者ご本人名義の口座に限ります。

詳しい諸手続きについて

次のいずれかに当てはまる方などは、申請が必要です。((1)「申請が不要な方」に当てはまらない方)

  • 令和3年4月分から令和4年3月分までのいずれかの月分の児童手当の受給者で職場から児童手当を受給している公務員の方
  • 平成15年4月2日から平成18年4月1日までの間に出生した児童のみを養育している方(特別児童扶養手当の受給者を除く)
  • 弟や妹が児童手当の対象となっているが、児童手当制度において、兄や姉(平成15年4月2日以降に生まれた児童に限る)の申請をしていない方
  • 令和3年1月1日以降の収入が新型コロナウイルス感染症の影響を受けて減少し、住民税(均等割)が非課税相当の収入となった方

支給対象になる方で申請をご希望の場合は、提出書類を子ども福祉課まで提出してください。

申請書はダウンロードしていただくか、子ども福祉課までお問合せください。郵送いたします。

「申請が必要な方」で、令和3年度住民税(均等割)が非課税の方

【申請書ダウンロード】

(注意)公務員の方は職場から児童手当の受給状況証明が必要となりますので、証明を受けた後に提出してください。

【提出書類】

・申請書

・申請者の本人確認書類(マイナンバーカードなど)の写し

・受取口座を確認できる書類の写し(申請者ご本人の口座名義)

・申請書表Aの「関係性①~④」の確認に必要な次の書類(該当する方のみご提出ください。)

①別居する児童を看護している場合は、児童の世帯全員の住民票(続柄入り)

②未成年後見人の場合は、未成年後見人である旨の申立書、対象児童の戸籍抄本等、対象児童の実親の状況(氏名、存否、住所)が分かる資料(様式自由)

③その他養育者の場合は、対象児童の実親の状況(氏名、存否、住所)が分かる資料(様式自由)

④里親の場合は、対象児童が委託されていることを明らかにすることができる書類

(注意)申請・請求者の世帯の状況が確認できない場合は、戸籍謄本、住民票等の写しを提出して頂く場合があります。

「申請が必要な方」で、令和3年1月1日以降の収入が新型コロナウイルス感染症の影響を受けて急変し、住民税(均等割)が非課税相当の収入となった方

(注意)まずは「収入見込額申立書」の要件を満たすかどうかをご確認ください。「収入見込額申立書」の条件を満たさない場合でも、「所得見込額申立書」の要件を満たすことにより支給の対象となる場合があります。

【提出書類】

・申請書

・簡易な収入見込額申立書または簡単な所得見込額申立書(要件を満たす申立書をご提出ください。)

・収入額が分かる書類(給与明細書や年金改定通知書等)

・控除額が分かる書類(簡易な所得見込額申立書を提出する場合に帳簿等をご提出ください。)

・申請者の本人確認書類(マイナンバーカードなど)の写し

・受取口座を確認できる書類の写し(申請者ご本人の口座名義)

・申請書表Aの「関係性①~④」の確認に必要な次の書類(該当する方のみご提出ください。)

①別居する児童を看護している場合は、児童の世帯全員の住民票(続柄入り)

②未成年後見人の場合は、未成年後見人である旨の申立書、対象児童の戸籍抄本等、対象児童の実親の状況(氏名、存否、住所)が分かる資料(様式自由)

③その他養育者の場合は、対象児童の実親の状況(氏名、存否、住所)が分かる資料(様式自由)

④里親の場合は、対象児童が委託されていることを明らかにすることができる書類

(注意)申請・請求者の世帯の状況が確認できない場合は、戸籍謄本、住民票等の写しを提出して頂く場合があります。

ひとり親世帯分の給付金との調整について

子育て世帯生活支援特別給付金には、「ひとり親世帯分の給付金」と「その他世帯分の給付金」がありますが、重複して支給を受けることはできません。

(注意)「ひとり親世帯分の給付金」については、支給要件や提出書類が異なりますので、低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)ホームページをご参照ください。

申請をされる方で、両方の支給要件を満たす場合は、どちらか一方の給付金を選択して申請してください。なお、重複して申請がされた場合は、先に支給決定がなされた方を優先して支給します。

 

8.制度のご案内

(注意)離婚(離婚協議中の方も含む)やDV避難により、配偶者と別居して子育てするようになった方向け

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子ども福祉課

電話番号:0776-50-3042 ファクス:0776-68-0324

福井県坂井市坂井町下新庄1-1

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?