ここから本文です。

ホーム > 国体・大会とは

更新日:2016年10月16日

国体・大会とは

国民体育大会(国体)とは

国体マーク国民体育大会(国体)とは、各都道府県持ち回りで毎年開催されている国内最大のスポーツの祭典です。国体は、都道府県対抗方式で行われ、男女総合優勝である「天皇杯」と、女子総合優勝である「皇后杯」の獲得を目指して熱い戦いが繰り広げられます。

福井県では、昭和43年に第23回国民体育大会が開催され、天皇杯獲得を成し遂げました。

 

 

「福井しあわせ元気国体」とは

 国体ロゴ

「福井しあわせ元気国体」とは、平成30年に福井県で開催される第73回国民体育大会の大会愛称です。前回の福井国体からちょうど50年ぶりとなる2巡目の開催となります。平成30年9月29日(土曜日)から11日間にわたり、県内の17市町村で,正式競技(37競技)、特別競技(高等学校野球)、公開競技(4競技)、デモンストレーションスポーツ(36競技)が開催されます。

 

 

「福井しあわせ元気大会」とは

 大会ロゴ

「福井しあわせ元気大会」とは、平成30年に福井県で開催される第18回全国障害者スポーツ大会の大会愛称です。国民体育大会開催県において、国民体育大会終了後3日間の会期で開催されます。

 

 

スローガン

織りなそう 力と技の美しさ

 

選手は持てる力と技と美しさを、福井県が誇る織物のようにタテ糸とヨコ糸に織りなし、競技に全力を尽くします。県民一人ひとりは「する」「みる」「支える」のそれぞれの立場で国体に主体的に参画します。これにより相互につながりを深め、みんなで感動を共有できる国体にしよう、という想いが込められています。

 

はぴりゅう & Dinoはぴねす 

″はぴりゅう″ とは

はぴりゅう「福井しあわせ元気国体・大会」のマスコットキャラクターです。幸福度日本一、健康長寿、しあわせ元気を表す「はぴねす」と、福井県のダントツブランドである「きょうりゅう」をシンプルに組み合わせ、呼びやすく、親しみやすい「はぴりゅう」と名付けられました。

 

 

 

 

 

 

 

″Dinoはぴねす″とは

 

Dinoはぴねす画像

 

はぴりゅうは5人兄弟。5人兄弟のユニットが、それぞれ役割を持って国体と大会の広報を強力にサポートします!!

 

詳しくはこちら(外部サイトへリンク)

 

ご当地はぴりゅう(坂井市バージョン)

坂井市ご当地はぴりゅう坂井市の花/ユリ

日本随一の奇勝「東尋坊」や日本最古の天守閣を有する「丸岡城」が有名です。

ぜひお立ち寄りください!