ここから本文です。

ホーム > 坂井市炬火「しあわせの祈灯」誕生!!

更新日:2018年7月2日

坂井市炬火「しあわせの祈灯」誕生!!

 福井しあわせ元気国体開催111日前の記念イベントとして炬火イベントが開催されました。

坂井市としての融和と発展を願い、坂井市の火「しあわせの祈灯」が誕生しました。

 坂井市の火は、9月1日に福井県内全市町の火と1つになり、9月29日の福井国体総合開会式で炬火台の点火されます。

採火式

  サッカーの競技会場になっている三国運動公園、丸岡スポーツランドにおいて約150名の方の参加の中、マイギリに悪戦苦闘しながらも無事炬火の元が作られました。

      採火三国

      採火丸岡

      焚火台

 

炬火リレー

 採火を行った三国運動公園、丸岡スポーツランドから集火式会場であるゆりの里公園まで、総勢203名の小学生がそれぞれ13㎞ずつトーチで火を繋ぎました。スターターに採火式にも参加した坂井市福井国体よしもと応援隊の「ペナルティ」に努めてもらい、リレーを盛り上げてもらいました。

 リレー2 リレー5

 リレー3 リレー1

 リレー7 リレー4

 リレー9 

ボランティアの市民ランナーの他、副市長、教育長、坂井市スポーツ協会会長にもご協力いただき無事にゆりの里公園へと火を運ぶことができました

集火式 

 みんなの想いとともにつながれた2つの火が、最後は市長と議長の手により炬火皿でひとつとなり、坂井市の火「しあわせの祈灯」が誕生しました。

 集火1

 集火6 

 集火7 集火8 

 

イベント

提灯手作り体験教室

 坂井市内にある郷土伝統工芸の三国提灯を手作りしました。製作した提灯はおもてなしとして国体の歓迎装飾として競技会場に飾ります。

 提灯1 提灯2

 

エコキャンドル・オリジナルカンテラ作り

 家庭の廃油を利用したエコキャンドルを作り、みなさんが作ったオリジナルカンテラは夜のゆりの里を彩りました。

 カンテラ1 カンテラ2

 

ミニコンサート

 地元出身アーティストが「坂井市の火」とキャンドルアートでライトアップされた会場を光と音で盛り上げてくれました。

 まほろば-ヒナタカコ

 

はぴウォール

  東京2020オリンピックの正式競技になって話題のスポーツクライミングが体験できる「はぴウォール」も実施しました。

      はぴウォール