心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > 市政情報 > 広聴 > パブリックコメント > 連携中枢都市圏に対するパブリックコメントについて

ここから本文です。

更新日:2019年1月25日

連携中枢都市圏に対するパブリックコメントについて

ふくい嶺北連携中枢都市圏ビジョン(案)に関するパブリックコメントの実施結果

ふくい嶺北連携中枢都市圏ビジョン(案)について、ご意見を募集するパブリックコメント手続きを実施しましたので、結果についてお知らせします。貴重なご意見をいただきありがとうございました。

ふくい嶺北連携中枢都市圏ビジョン(案)に関するパブリック・コメント募集の結果(圏域全体)(PDF:44KB)

ふくい嶺北連携中枢都市圏ビジョン(案)について。(※募集は終了しました。)

坂井市を含む嶺北圏域7市4町の、一体的かつ持続的な発展を図るため、福井市を中心として、連携中枢都市圏の形成を目指しています。連携中枢都市圏の具体的な取り組みを推進するために、「ふくい嶺北連携中枢都市圏ビジョン」を策定します。そこで、ビジョンの案について市民の皆さんからの意見を募集します。

ふくい嶺北連携中枢都市圏ビジョン(案)(PDF:1,831KB)

ふくい嶺北連携中枢都市圏ビジョン(案)概要版(PDF:1,306KB)

連携中枢都市圏構想の目的

人口減少・少子高齢化社会にあっても、地域経済を持続可能なものとし、地域住民が安心して快適な暮らしを営んでいけるようにするため、地域において、相当の規模と中核性を備える圏域の中心都市が近隣の市町村と連携し、各種の取組を行うことにより、一定の圏域人口を有し活力ある社会経済を維持するための拠点を形成することを目的とする。

本ビジョン策定の趣旨

福井市を圏域の中心市として地域の一体的かつ持続的な発展を図るため、福井市、大野市、勝山市、鯖江市、あわら市、越前市、坂井市の7市と、永平寺町、池田町、南越前町、越前町の4町で構成する連携中枢都市圏の形成に取り組むこととした。

そこで、7市4町の多様な資源、産業、人材の活用や、人口定住のために必要な高次の都市機能の集積に向けた環境整備、また住民の生活関連機能サービスの維持・向上を目指す有機的な連携等について方向性を示し、今後の具体的な取組を推進するため、本ビジョンを策定する。

意見を募集する内容

ふくい嶺北連携中枢都市圏ビジョンについて

市民へ公表する情報

連携中枢都市圏構想推進要綱(PDF:1,058KB)

募集期間

募集期間:平成30年11月26日(月曜日)~平成30年12月21日(金曜日)必着

注意:募集は終了しました。

意見の提出方法

書面による提出で、郵送、ファクス、電子メール、持参のいずれかでお寄せ下さい

意見の提出先

郵便

〒919-0592 坂井市坂井町下新庄1-1 坂井市役所総合政策部企画情報課あて

ファクス

0776-66-4837(番号間違いにご注意ください)

電子メール

企画情報課メールアドレス kikaku@city.fukui-sakai.lg.jp

持参

坂井市役所総合政策部企画情報課

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画情報課

電話番号:0776-50-3013 ファクス:0776-66-4837

福井県坂井市坂井町下新庄1-1 坂井市役所本庁2階

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?