心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > 防犯・防災 > 防災 > ハザードマップ・各種マニュアル > 坂井市洪水・土砂ハザードマップについて

ここから本文です。

更新日:2017年3月23日

坂井市洪水・土砂ハザードマップについて

ハザードマップは、九頭竜川、竹田川、兵庫川が大雨によって増水し、堤防が決壊した場合の浸水予測結果に基づいて、浸水の範囲とその深さ、ならびに避難施設などを示し、市民のみなさんに役立つように作成しました。

ハザードマップ一覧

各地区(下の地図を参考してください)のハザードマップは、下のリンク先からご覧になれます。

ハザードマップ(位置図)

ハザードマップ坂井市全体(PDF:4,148KB)

ハザードマップ1三国地区(PDF:2,879KB)

ハザードマップ2丸岡地区(西部)(PDF:3,320KB)

ハザードマップ3丸岡地区(東部)(PDF:3,515KB)

ハザードマップ4春江地区(PDF:2,571KB)

ハザードマップ5坂井地区(PDF:3,907KB)

洪水・土砂避難地図(洪水・土砂ハザードマップ)について

~もし九頭竜川、竹田川、兵庫川の堤防が決壊したら~
洪水の規模は、九頭竜川は概ね150年に1回、竹田川および兵庫川が概ね50年に1回程度の大雨を想定しています。
河川のはん濫の恐れがあるときは、市から避難勧告や避難命令(指示)を出しますので、速やかに避難してください。
なお、雨の降り方や土地の状態、小河川のはん濫などによって、それ以外の地区も浸水することがありますので、日頃から家の周りの浸水状況に注意し、危険を感じたら早めに避難しましょう。また、大雨のときは、がけ崩れなどの土砂災害が発生する恐れがありますので、注意が必要です。
いざというときに備え、あなたの家から避難施設までの経路や、家族の連絡先などを書き込んで、見やすい場所に貼っておきましょう。

洪水・土砂ハザードマップの活用方法(PDF:3,224KB)

いざというときの連絡先(PDF:1,901KB)

注意事項

水害時の避難施設については、災害の状況を判断し、原則として公民館、小学校の順で開設します。公民館での収容数を超えた場合や、浸水等により避難施設として機能しない場合は、小・中学校やその他の施設を避難施設として順次開設します。
災害時には、坂井市からの情報に注意して避難しましょう。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設課

電話番号:0776-50-3051 ファクス:0776-67-7522

福井県坂井市坂井町下新庄1-1 坂井市役所本庁(西)2階

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?