心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > 健康・医療・福祉 > 福祉 > 介護保険 > 要介護認定者の障害者控除対象者認定

ここから本文です。

更新日:2017年4月3日

要介護認定者の障害者控除対象者認定

介護保険の要介護1~5までの認定を受け、その程度が身体障害者に準ずるとして市が認定した65歳以上の人は、身体障害者手帳などの交付を受けていなくても、障害者控除の対象となります。

この障害者控除を受けるには、「障害者控除対象者認定書」が必要です。
認定証の交付を受けた人は、確定申告の際にこの認定書を提示すれば、障害者控除を受けることができます。

認定証の交付を希望する場合は、確定申告をする前に、本人または親族が各支所福祉グループか健康長寿課(高齢福祉)に申請し、認定書の交付を受けてください。

すでに身体障害者手帳をお持ちの方は、手帳により障害者控除を受けることができるため、認定書の交付はできません。

要介護1以上の方でも、障害者控除の対象とならない場合があります。

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康長寿課(高齢福祉)

電話番号:0776-50-3040 ファクス:0776-66-2940

福井県坂井市坂井町下新庄1-1 坂井市役所別館

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?