心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > 健康・医療・福祉 > 福祉 > 介護保険 > 介護保険サービス利用までの流れ

ここから本文です。

更新日:2017年4月3日

介護保険サービス利用までの流れ

介護保険サービスを使うには、要介護認定の申請をして、要介護度、または要支援の認定を受けなければなりません。要介護認定の申請は、本人や家族が役所へ行って要介護認定申請書を書き、介護保険の保険証を添えて、坂井市役所健康長寿課(高齢福祉)または各支所福祉グループの窓口に提出します。

申請の流れ

1.要介護認定の申請

介護保険によるサービスを利用するには、要介護認定の申請が必要になります。

申請には、介護保険被保険者証が必要です。40~64歳までの人(第2号被保険者)が申請を行なう場合は、医療保険証が必要です。

2.認定調査・主治医意見書

坂井地区広域連合の調査員が自宅や施設等を訪問して、心身の状態を確認するための認定調査を行います。

主治医意見書は坂井地区広域連合が主治医に依頼をします。

3.審査判定

  1. 調査結果及び主治医意見書の一部の項目はコンピューターに入力され、全国一律の判定方法で要介護度の判定が行なわれます。(一次判定)
  2. 一次判定の結果と主治医意見書に基づき、介護認定審査会による要介護度の判定が行なわれます。(二次判定)

4.認定

介護認定審査会の判定結果にもとづき要介護認定を行ない、申請者に結果を通知します。申請から認定の通知までは原則30日以内に行ないます。

認定は要支援1・2から要介護1~5までの7段階および非該当に分かれています。

認定の有効期間

  • 新規、変更申請:原則6ヶ月(状態に応じ3~12ヶ月まで設定)
  • 更新申請:原則12ヶ月(状態に応じ3~24ヶ月まで設定)
注意事項
  • 有効期間を経過すると介護サービスが利用できないので、有効期間満了までに認定の更新申請が必要となります。
  • 身体の状態に変化が生じたときは、有効期間の途中でも、要介護認定の変更の申請をすることができます。

5.介護(介護予防)サービス計画書の作成

介護(介護予防)サービスを利用する場合は、介護(介護予防)サービス計画書(ケアプラン)の作成が必要となります。「要支援1」「要支援2」の介護予防サービス計画書は地域包括支援センターに相談し、「要介護1」以上の介護サービス計画書は介護支援専門員(ケアマネジャー)のいる、県知事の指定を受けた居宅介護支援事業者(ケアプラン作成事業者)へ依頼します。

依頼を受けた介護支援専門員は、どのサービスをどう利用するか、本人や家族の希望、心身の状態を充分考慮して、介護サービス計画書を作成します。

ケアプラン(介護サービス計画)

ケアプランとは、どのような介護サービスをいつ、どれだけ利用するかを決める計画のことです。

介護保険のサービスを利用するときは、まず、介護や支援の必要性に応じてサービスを組み合わせたケアプランを作成します。ケアプランに基づき、介護サービス事業所と契約を結び、サービスを利用します。

要介護1~5と認定された方
  • 在宅のサービスを利用する場合→居宅介護支援事業者(介護支援専門員)にケアプラン(介護サービス計画)を作成してもらいます。
  • 施設のサービスを利用する場合→施設の介護支援専門員がケアプランを作成。
要支援1~2と認定された方
  • ケアプランは、地域包括支援センターに作成を依頼することができます。

6.介護サービス利用の開始

介護サービス計画(ケアプラン)にもとづいた、さまざまなサービスが利用できます。

 

介護保険の申請書等

介護保険の申請書や届出の様式については、坂井地区広域連合ホームページ(外部サイトへリンク)よりダウンロードしてください。

 

 

お問い合わせ

健康長寿課(高齢福祉)

電話番号:0776-50-3040 ファクス:0776-66-2940

福井県坂井市坂井町下新庄1-1 坂井市役所別館

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?