心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > 健康・医療・福祉 > 健康・医療 > 予防接種 > 日本脳炎ワクチンの供給不足について

ここから本文です。

更新日:2021年3月11日

日本脳炎ワクチンの供給不足について

日本脳炎のワクチンが不足しています

日本脳炎ワクチンの製造一部停止により、令和3年度の前半においてワクチン供給量が大幅に減少し、出荷量の調整が行われます。
そのため、現在全国的にワクチンが不足している状況です。
厚生労働省の方針に従い、ワクチンの供給が安定するまでの間は、次の通り対応いたします。
令和4年1月頃に供給が安定する見込みです。



1期初回(1回目および2回目)の接種を優先
(注意)ただし、定期接種の年齢の上限が近づいている場合は、定期接種の年齢を過ぎないように接種してください。

  • 1回目追加(3回目)または2期(4回目)の接種予定で、対象の年齢上限まで期間のある方は、ワクチン供給が戻った後に接種くださいますようご協力をお願いします。
  • 下記対象者への2期(4回目)の予診票は送付は令和4年度に延期します。
    【対象者】
    1.小学校4年生(平成23年4月2日~平成24年4月1日生)
    2.高校1年生(特例接種対象者平成17年4月2日~平成18年4月1日生)
  • 接種の際は医療機関にご確認ください。

定期接種の対象年齢について

  • 1期(1~3回目)生後6か月から7歳6か月未満
  • 2期(4回目)9歳から13歳未満

【特例措置対象】
・平成19年4月2日から平成21年10月1日生の方は、9歳以上13歳未満の間に、定期予防接種として1期の接種が可能。
・平成7年4月2日から平成19年4月1日生で20歳未満の方については、4回目の接種が終了していない場合には、定期予防接種として1期および2期の接種が可能。

お問い合わせ

健康長寿課

電話番号:0776-50-3067 ファクス:0776-66-2940

福井県坂井市坂井町下新庄1-1

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?