心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > くらし・手続き・税 > ごみ・リサイクル > ごみの出し方 > スプレー缶・カセットボンベの出し方にご注意ください

ここから本文です。

更新日:2018年12月19日

スプレー缶・カセットボンベの出し方にご注意ください

スプレー缶やカセット式ボンベの中身には、多くの製品で可燃性のガスが使われています。ごみに出す際の取扱いを誤ると、爆発・火災などの事故につながる恐れがあります。

ごみに出す際は、以下のような処置を行い、分別のルールを守って出してください。

スプレー缶・カセットボンベの出し方

1.中身を全て使い切る

製品を使い切って、缶を空にしてください。

スプレー缶などに取扱い方が書いてある場合は、その方法に従ってガス抜き等を行ってください。

※火気のない風通しのよい屋外で行ってください。

2.穴を開ける

中身を全て使い切ったら、穴を開けて残ったガスを出してください。穴を開ける作業は、必ず火気のない風通しのよい屋外で行ってください。

※屋内で穴を開けると、近くの火気や静電気に引火することがあるため大変危険です。また、一度に大量に行わず、少しずつ行うようにしましょう。

穴を開けないとどうなるの?

穴が開いていないスプレー缶は、ごみ処理施設内で爆発し、大規模な火災や破砕機を損傷する原因になります。必ず穴を開けてから出してください。

3.資源ごみの「びん」収集と同じ日に専用のコンテナに入れる

「びん」収集の日に、ごみステーションに専用のコンテナが設置してありますので、その中に入れてください。

アパート・マンションにお住まいで地区のごみステーションに出すことができない方は、市役所本庁や各支所に持ち込んでください。

燃やせないごみと一緒には絶対出さないでください

ごみ分別のルールを守らずに、燃やせないごみと一緒に可燃性ガスが残っているスプレー缶やカセットボンベが出されると、ごみ収集車内で押しつぶされた際、漏れたガスに引火して火災が発生する恐れがあります。

大きな火災になると爆発やごみ収集車の炎上で、作業員や通行人、また周辺の住宅などに被害が及ぶためとても危険です。

分別のルールを守り、ごみ収集車の車両火災事故防止にご協力ください。

 

写真:スプレー缶混入によるごみ収集車両の火災

お問い合わせ

環境推進課

電話番号:0776-50-3032 ファクス:0776-68-0440

福井県坂井市坂井町上新庄28-5-3 坂井健康センター2階

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?