ホーム > さかいのみりょく > 2015年 > 現存12天守PRプロジェクト

ここから本文です。

更新日:2021年4月1日

現存12天守PRプロジェクト

現存12天守PRプロジェクトとは

現存天守がある12の都市で、インバウンドや交流人口の増加を目的に現存12天守の価値と魅力度の向上のために連携PRを行います。日本に12しかない希少な現存天守で連結していくことで、現存天守の認知度向上を目指していきます。

現存天守とは

日本にある城の天守のうち、江戸時代またはそれ以前に建設され、現代まで保存されている天守のことで、全国に12の天守が現存しています。

犬山城(愛知県犬山市)、松本城(長野県松本市)、松山市(愛媛県松山市)、姫路城(兵庫県姫路市)、松江城(島根県松江市)、丸亀城(香川県丸亀市)、彦根城(滋賀県彦根市)、弘前城(青森県弘前市)、備中松山城(岡山県高梁市)、宇和島城(愛媛県宇和島市)、高知城(高知県高知市)

 

現存12天守の写真

坂井市も12天守同盟に加盟!

平成27年7月4日(土曜日)に、坂井市も現存12天守同盟に加盟しました。

日本に12しかない希少な現存天守を有する市が一体となって、積極的な情報発信を行っていくことで、丸岡城も国宝化に向けて、盛り上げていくための活動を続けていきます。

 

同盟の写真1

同盟の写真2