心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > 子育て・教育 > 教育 > 学校教育・手続き > 自転車運転者講習等に係る改正道路交通法の施行について

ここから本文です。

更新日:2016年5月25日

自転車運転者講習等に係る改正道路交通法の施行について

平成27年6月1日より自転車を運転しているときに法律で定められた14の義務に反すると違反切符が切られます。
信号無視はもちろん、酒酔い運転や携帯電話を操作しながらの運転など当然禁止されるべき危険な行為ばかりですが、これを3年間で2回繰り返すと、違反内容に応じた講習を受けなくてはなりません。
子どもであっても、14歳以上は受講義務の対象となります。
講習を受講するには違反者が手数料5,700円を負担する必要があります。また、受講を怠ると罰金も科せられます。危険運転で違反が度重なると、運よく事故を免れたとしても、今後は時間もお金も要する講習を受けなくてはなりません。
坂井市内の小中学校では、自転車の乗り方や今回の法改正に関することを児童生徒集会や学級単位で随時説明していきます。
保護者の方も子どもたちの放課後や休日の自転車の乗り方について、ご指導や声掛けなど、ご理解とご協力をよろしくお願いします。

繰り返し違反すると講習義務が生じる自転車運転者の14の義務

  1. 信号機の信号等に従う義務
  2. 通行の禁止等
  3. 歩行者道路を通行する車両の義務
  4. 通行区分
  5. 軽車両の路側帯通行
  6. 踏切の通過
  7. 交差点における他の車両との関係等(法第36条)
  8. 交差点における他の車両との関係等(法第37条)
  9. 環状交差点における他の車両との関係等
  10. 指定場所における一時停止
  11. 普通自転車の歩行通行
  12. 自転車の制御装置等
  13. 酒気帯び運転等の禁止
  14. 安全運転の義務

万が一に備えて…

自転車による交通事故でも、自転車の運転者に多額の賠償責任が生じるおそれがあります。生じた損害を賠償するため保険等に加入しましょう。坂井市内の小中学校では、福井県PTA連合会で取り扱っています小中学生総合保障制度の加入について学校・PTAと協力しながら、制度のPR・加入に努めています。

自転車を安全に利用するには…

  1. 自転車は、車道が原則、歩道は例外
  2. 車道は左側通行
  3. 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
  4. 安全ルールを守る
  5. 子どもはヘルメットを着用

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

学校教育課

電話番号:0776-50-3161 ファクス:0776-68-1480

福井県坂井市坂井町上新庄28-5-3 第2別館2階

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?