報道インフォメーション

心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 文化財 > 坂井市内に飛来していたコウノトリペアのオスが死亡しました

ここから本文です。

更新日:2020年4月10日

坂井市内に飛来していたコウノトリペアのオスが死亡しました

発信日

令和2年4月10日

担当者名

中田

担当課

教育委員会文化課

電話番号

0776-50-3164

報道解禁日

令和2年4月10日

事業名称

文化財保護

事業内容

今年、2月はじめから坂井市および福井市に飛来し、ペアで巣作り場所を探していた、国の特別天然記念物コウノトリのオス1羽の死亡が、4月10日に確認されましたので、お知らせします。

1、死亡したコウノトリ
オス:個体番号J0098 2014年6月4日生まれ 5歳 兵庫県豊岡市生まれ
(注意)2019年、坂井市にて4羽のヒナを巣立たせたペアのオス

(参考)
死亡したオスとペア関係にあったメスは、個体番号J0078
2013年4月23日生まれ 6歳、兵庫県豊岡市生まれ

2、死亡確認の経緯
4月10日早朝、坂井市民より坂井市教育委員会文化課に「坂井市坂井町島にてコウノトリ1羽が死亡している」との連絡があった。坂井市教育委員会職員と北陸電力送配電株式会社社員が現地に行き、市道沿いの電柱真下にてコウノトリ1羽の死体を坂井市が確認し、回収した。

3、死亡の日時・原因
・令和2年4月10日(金曜日)早朝
・感電死
(注意)県自然環境課獣医師が、死亡個体の左足指および左前腕に感電(6600V)により負傷したとみられる痕跡を確認。

4、取られた措置
死亡個体は、福井県自然保護センターにおいて保管。

5、現在までの対応策
2月中旬より、福井市から坂井市にかけてコウノトリが電柱に巣作りを繰り返していたため、北陸電力送配電株式会社が県・市と協議し、停電防止やコウノトリ保護の観点から電力供給上、営巣を残置できない電柱の巣材を撤去していた。

関連サイトアドレス

福井県コウノトリ(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

文化課

電話番号:0776-50-3164 ファクス:0776-68-1480

福井県坂井市坂井町下新庄1-1

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?