心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > 文化財 > 「三国湊」が日本遺産になりました!

ここから本文です。

更新日:2018年5月24日

「三国湊」が日本遺産になりました!

「日本遺産」の追加認定について

坂井市をはじめ、38市町で申請した日本遺産のストーリーの内容が変更され、三国湊が「日本遺産(JapanHeritage)」に追加認定されました。これにより、坂井市では、初めて日本遺産の認定を受けたことになります。

日本遺産認定の記念事業として、平成30年5月24日の午後3時より本庁に横断幕が掲示され、えちぜん鉄道三国駅舎前広場では記念セレモニーが開催されました。また、みくに龍翔館での記念展も開催しますので、ぜひご覧ください。

ストーリー名

「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落~」

構成文化財

市内イベント等

三国湊日本遺産認定記念セレモニー

日時

5月24日(木曜日)12時45分~13時20分]

場所

えちぜん鉄道三国駅舎前広場

内容

開式前アトラクション<三国中学校郷土芸能部>
坂井市長挨拶
来賓祝辞
大型看板除幕
紅白酒まんじゅう配布

日本遺産認定記念展「北前船と三国湊―荒波を越えた男たちの夢―」

期間

平成30年5月24日(木曜日)~10月14日(日曜日)

場所

みくに龍翔館(三国町緑ヶ丘四丁目2-1)

内容

認定記念として、館がもつ古文書・歴史資料の中から、三国湊と日本海海運、また荒波を越えた北前船の船頭や船乗りたちの姿を伝える資料を選び、展示。

  • 主な展示資料

三国鑑(みくにかがみ)』、石(しゃくだにいし)関連文書(布三文書、加納文書)

北前船関連古文書(森田家文書、内田惣右衛門家文書、南家文書、木村家文書)

  • その他

館内の常設展示2階では、北前船や湊に栄えた工芸や文化の関連資料を展示。繁栄の象徴である1階の千石積ベザイ船5分の1模型、

再現された明治期の三国祭の山車も併せて観覧可能。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

文化課

電話番号:0776-50-3164 ファクス:0776-68-1480

福井県坂井市坂井町上新庄28-5-3 第2別館2階

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?