心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > 観光・文化・スポーツ > 文化 > みくに龍翔館 > 北陸三県高校生現代アートビエンナーレ

ここから本文です。

更新日:2017年8月14日

北陸三県高校生現代アートビエンナーレ

北陸三県高校生現代アートビエンナーレとは

坂井市三国町ゆかりのジャンクアート作家・小野忠弘。小野画伯は高校美術教諭として人材育成に努め、多くの優秀な芸術家を育てました。
アートの捉え方が自由に変化している現代において、日本を含め世界の美術館の方向性が大きく変化しています。アートは全てのクリエイティブの原点であり、全ての分野に影響をあたえます。私たちは小野画伯の功績に倣い、これからのクリエイティブを生み出す若い力と才能を発見し、育てることに情熱をかけなければなりません。小さなチャンスが大きな夢へと変わり、新しいアーティストが誕生します。
北陸三県の中から、みずみずしい感性をもつ高校生を見つけだすために、日本を代表する各分野の審査員達が、真剣に取り組みエールをおくります。

過去の開催

国民文化祭ふくい 現代美術展(2005年)

平成17年、旧三国町で「国民文化祭ふくい 現代美術展」が開催されました。

「人間の力を越えている歴史の中に現代美術があるということが魅力的だった」

「スポーツの分野では、試合の勝ち負けで評価することが出来るけれど、
芸術の分野で活動する高校生が評価されることは少ない。
こうした若い感性を”一流の目”が評価し、将来に向けて勇気を与えられたら…」

現代美術展の審査員長であった三国町出身のアーティスト・戸田正寿氏の言葉がきっかけとなり、2年に一度開催する高校生による現代アートの美術展は、坂井市の誕生後ONOメモリアルに引き継がれました。

ONOメモリアルについてはこちら⇒ONOMEMORIAL(外部サイトへリンク)

第1回福井県高校生現代アートビエンナーレ(2006年)

第2回北陸三県高校生現代アートビエンナーレ(2008年)

第3回北陸三県高校生現代アートビエンナーレ(2010年)

第4回北陸三県高校生現代アートビエンナーレ(2012年)

第5回北陸三県高校生現代アートビエンナーレ(2016年)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

みくに龍翔館

電話番号:0776-82-5666 ファクス:0776-82-6671

福井県坂井市三国町緑ヶ丘4丁目2-1

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?