心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > 防犯・防災 > 防犯・交通安全 > 安全対策課ニュース > 坂井市内の事件・事故発生状況(令和2年4月末現在)

ここから本文です。

更新日:2020年5月19日

坂井市内の事件・事故発生状況(令和2年4月末現在)

交通事故・事件の発生状況

令和2年4月中の福井県内と坂井市内の交通事故・窃盗事件などの発生状況等について掲載します。統計上の数字については概算ですが、令和2年4月末現在の統計(PDF:150KB)でご確認ください。

刑法犯関係・・・特別定額給付金に関する詐欺に注意

  • 令和2年4月末現在の刑法犯認知件数は、県内(マイナス24件)、坂井市は84件(マイナス2件)といずれも減少しました。福井県内を罪種別で見た場合、住居侵入、車上狙いが増加しました。坂井市では自転車盗の認知はありませんでした。
  • 県警によると、坂井市内で昨年発生した自転車盗62件のうち48件、車上狙い26件のうち23件が無施錠ということでした。車、自転車から離れるときはカギを掛けるとともに車内、かごの中には貴重品を置かないようにしましょう。
  • 特別定額給付金(一人当たり10万円給付)は郵送、もしくはインターネットでの手続きとなります。市から電話、メールでお願いすることはありません。
    「知らない人、番号の電話は出ない」「電話で『キャッシュカードを預かる、交換』『口座情報を聞く』は詐欺、家族・警察に相談」を徹底してください。坂井市での手続きは「特別定額給付金について」のページを確認してください。

交通事故

1.坂井警察署管内で子どもが当事者となる事故が発生

学校休業期間中、坂井警察署管内で子どもが当事者となる交通事故が2件発生しました。いずれも住宅地でした。市街地、住宅地ではスピードを落としてください。横断歩道の近くで歩行者、自転車を見かけたら徐行、または一時停止をしてください。

2.高齢者が当事者となる事故は減少

  • 高齢者が当事者となる人身事故は減ってきています(4月末現在10件 昨年比マイナス6件)。ただし少しでも車の運転に自信が持てなくなったら、家族のみなさまと相談していただき車の運転を控える(車を手元に置かない)、運転免許を返納するなどの対策をお考えください。
  • 65歳以上の免許返納者については、2019年4月から、コミニュティバス無料乗車券の申請期限を撤廃しました。また、有効期限を「無期限」としました。
    2019年中の申請者は156人、令和2年1月から4月末現在の申請者は49人でした。
    (詳しくは下の「運転免許自主返納助成事業」ページをご覧ください。)
  • サポカー補助金が3月9日から国の事業となりました。これまでの後付け誤発進抑制装置の他、新車、中古車を買う場合にも適用されます。詳しくは一般社団法人次世代自動車振興センターのホームページ(http://www.cev-pc.or.jp/support-car/support-car.html)を確認してください。

3.5月の交通事故の特徴

県警が平成27年から昨年までの過去5年間の交通事故を分析したところ、5月における交通事故の特徴として

  • 二輪車による死亡・重傷事故が多い。
  • 県外から来られた方が原因となる死亡事故が多い。
  • 自転車乗車中の当事者が重傷を負う事故が多い。

ことを挙げていました。二輪車はスピードの出しすぎによる事故、自転車は後ろを見ず急な進路変更をして後続車にはねられる事故が多くなります。疲れ、眠気を感じたら「即休憩」、自転車に追いついたら「その後方で3秒」待ってから追い越すようにしてください。

 



Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

安全対策課

電話番号:0776-50-3525 ファクス:0776-66-4837

福井県坂井市坂井町下新庄1-1 坂井市役所本庁2階

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?