心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > 防犯・防災 > 防犯 > 年末の交通安全県民運動が行われます

ここから本文です。

更新日:2022年11月22日

年末の交通安全県民運動が行われます

1.目的

本運動は、降雪や路面凍結、交通混雑などの道路交通環境の悪化や飲酒する機会の増加等に伴い、交通事故の増加が懸念される年末を迎えるにあたり、県民一人ひとりが交通ルールの遵守や正しい交通マナーを励行することにより、交通事故を防止することを目的とする。

2.期間

令和4年12月11日(日曜日)から同月20日(火曜日)までの10日間

3.主唱

福井県交通対策協議会

4.スローガン(北陸三県統一)

ゆっくり走ろう 雪のふる里 北陸路

5.実施機関・団体

福井県、福井県警察、福井県教育委員会、県内各市町および福井県交通対策協議会の構成機関・団体

6.運動の重点と取組み

  1. 高齢者の交通事故防止(北陸三県統一)
  2. 夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止
  3. 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
  4. 雪寒期の交通事故防止
  5. 飲酒運転等の危険運転の防止

7.統一行動日

令和4年12月12日(月曜日)「一斉街頭活動日」

実施機関・団体が、交差点等の街頭において一斉に交通安全啓発活動およびお交通安全指導を行う日です。

8.市民の皆さまへのお願い

市民の皆さまは、運動期間中だけでなく、日ごろから次の点に注意しながら交通安全に努めましょう。

1.脇見運転と漫然運転が多い→まずは「運転に集中」

2.横断中の事故や交差点での事故が多い→横断歩道での「歩行者ファースト」

3.夜間横断中の事故が多い(特に高齢者)→「反射材の着用」と「こまめなハイビーム」

9.「横断アクション・ペコリン運動」にご協力をお願いします

運転者の方へ

信号機のない横断歩道を渡ろうとしている歩行者がいた時、止まっていますか?

信号機のない横断歩道は「歩行者優先」です!

横断歩道を渡っている、または渡ろうとしている歩行者がいたら、必ず止まりましょう

歩行者の方へ

信号機のない横断歩道を渡ろうとする際には、左右の安全確認をしっかりと行いましょう。

また、車両運転者に対し、「横断歩道を渡りたい」という明確な意思表示が大切です。

福井県警察では、手を上げるなどの明確なアクションと横断時の会釈の実践を呼び掛ける「横断アクション・ペコリン運動(PDF:728KB)」を推進しています。

なお、横断歩道が設置されていない道路を横断中の交通死亡事故が発生しています。

できる限り、横断歩道がある場所を利用して道路を横断しましょう。

10.交通死亡事故防止対策集中運動を展開しています

例年9月から12月にかけて、交通死亡事故が増加するのにあわせ、県や県警察では、交通死亡事故防止対策集中運動を実施中です。詳細については、こちら(安全対策課のページ)をご覧ください。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

安全対策課

電話番号:0776-50-3525 ファクス:0776-66-4837

福井県坂井市坂井町下新庄1-1

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?