心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > 市政情報 > 選挙 > 投票 > 在外投票

ここから本文です。

更新日:2016年6月8日

在外投票

仕事や留学などで海外に住んでいる人が、一定の手続きをすることにより、外国にいながら国政選挙に投票できます。

海外に居住する人の投票

在外選挙とは

仕事や留学などで海外に住んでいる人が、外国にいながら国政選挙に投票できる制度を「在外選挙制度」といい、これによる投票を「在外投票」といいます。在外投票ができるのは日本国籍を持つ18歳以上の有権者で、在外選挙人名簿に登録され在外選挙人証を持っている人です。

在外選挙人名簿への登録申請

登録資格

年齢満18歳以上の日本国民(居住国への帰化等により日本国籍を失った人は対象になりません)で、引続き3か月以上、該当する人の住所を管轄する領事官(大使や総領事)の管轄区域内に住所を有する人。

登録方法

  1. 登録の申請
    申請者または申請者の同居家族等が住んでいる地域を管理する在外公館(大使館や総領事館)の領事窓口へ行って在外選挙人名簿への登録の申請をしてください。
  2. 「在外選挙人証」の交付
    登録をすると、投票時に必要な「在外選挙人証」が、所定の市区町村選挙管理委員会から在外公館を通じて交付されます。
  3. 登録市区町村
    登録市区町村は原則として、日本国内の最終住所地の市区町村選挙管理委員会です。ただし、次のいずれかに該当する方は申請時の本籍地の市区町村選挙管理委員会になります。
    • 国外で生まれ、日本で暮らしたことがない方(住民票が一度も作成されたことがない方)
    • 平成6年(1994年)4月30日までに出国された方(ただし、転出届の提出が遅れるなどにより、平成6年(1994年)5月1日以降に住民票が消除されている場合は、最終住所地の市区町村の選挙管理委員会になります。)

登録申請の際に持参するもの

  1. 旅券
  2. 申請書を提出する領事官の管轄区域内に引き続き3ヶ月以上住所を有することを証明する書類(居住期間が3ヶ月未満の方については、住所を定めた日から申請日までの間において引き続き住所を有していることを証明する書類)
  3. 同居家族等を通じて登録申請をする場合は、更に以下の書類が必要です。
  • 申請者が同居家族等へ委任したことを示す申出書(申請者本人の署名が必要です。)
  • 同居家族等の旅券(旅券以外の身分証明書は、認められません。)

在外投票の方法等

在外選挙の対象となる選挙は、衆議院小選挙区選出議員選挙及び衆議院比例代表選出議員選挙、参議院選挙区選出議員選挙及び参議院比例代表選出議員選挙です。投票の方法には、次の3つがあります。

在外公館投票

投票記載所を設置している在外公館(大使館や総領事館)で、在外選挙人証と旅券等を提示して投票することができます。
※投票記載所を設置していない在外公館もありますので、設置の有無については管轄の在外公館にお問い合わせください。投票できる期間・時間は、原則として選挙の公示の翌日から投票記載場所である在外公館ごとに決められた日までの午前9時30分から午後5時までです。

郵便投票

登録されている市区町村の選挙管理委員会に、在外選挙人証を同封の上、郵便により投票用紙を請求すると、投票用紙が住所(登録申請時に希望した場合には在留届の緊急連絡先)に郵送されます。

帰国投票

選挙時に一時帰国した場合や帰国後、国内の選挙人名簿に登録されるまでの間は、在外選挙人証を提示して国内の投票方法(選挙当日の投票・期日前投票・不在者投票)で投票することができます。

お問い合わせ

選挙管理委員会

電話番号:0776-50-3015 ファクス:0776-66-4837

福井県坂井市坂井町下新庄1-1 坂井市役所本庁2階

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?