報道インフォメーション

心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > 報道発表 > みずみずしい感性を発掘 高校生のアート作品が集結

ここから本文です。

更新日:2018年8月8日

みずみずしい感性を発掘 高校生のアート作品が集結

発信日

8月8日

担当者名

久末唯

担当課

みくに龍翔館

電話番号

0776-82-5666

報道解禁日

8月8日

事業名称

第6回『北陸三県高校生現代アートビエンナーレ』審査会

事業内容

北陸三県の中からみずみずしい感性を持つ高校生を発掘すべく、作品を募集していた現代アートの作品展「第6回北陸三県高校生現代アートビエンナーレ」の審査会が、8月8日(水曜日)にONOメモリアル(オノメモリアル)などで行われました。
同展は2年に1回開催される芸術祭です。6回目となる今回は、ONOメモリアル、三國神社、瀧谷寺、丸岡城の4会場に、北陸三県の16校(福井12校、石川2校、富山2校)から過去最多となる34点が出品されました。
廃材を使ったものや、日常生活の中での「もどかしさ」を表現した作品など、感性豊かな様々な作品が並ぶ中、三国町出身のアーティスト・戸田正寿(とだせいじゅ)氏など5名の審査員が入念に審査。グランプリには、福井県立藤島高等学校の山本知加子さんが制作した「FEMME FATALE(ファム ファタール)」が選ばれました。
「男にとっての運命の女」や「男を破滅させる魔性の女」を意味するフランス語が作品名となっている同作品は、女王蜂が20匹のオスバチにフェロモンを出す様子が表現されています。その感情の表現手法だけでなく、展示場所のONOメモリアル内にある六角形の金網が蜂の巣を連想させる点など、空間の利用方法も高く評価されました。
審査員を務めた戸田氏は、「今回は特に力作が多かった」と仰っていました。
作品は、9月9日(日曜日)まで、ONOメモリアル(13点)、三國神社(14点)、瀧谷寺(4点)、丸岡城(3点)で展示しています。

受賞者は次の通り。(敬称略)

【グランプリ】
「FEMME FATALE(ファム ファタール)」
福井県立藤島高等学校(山本知加子)
【金賞】
「もどかしさコレクション」
福井県立羽水高等学校(杉田彩、金子由里香、村上夏生、森下りみ、岩崎想乃実、坂井颯太)
【銀賞】
「永遠の平和を願って(えいえんのへいわをねがって)」
富山県立石動高等学校(左川采芽、川越一茉里、山本侑宇璃)
「NEXUS(ネクサス)」
富山県立石動高等学校(荒木理々花、高城凪沙、利珠実、西崎唯菜、米村爽音、上田和歩)
【坂井市長賞】
「面々私ン樹(つらづらしんじゅ)」
福井県立藤島高等学校(松浦花奈、新田朋珠、澤茉倫、杉浦梓美、堀川華鈴)
【小野忠弘賞】
「思いという檻(おもいというおり)」
富山県立石動高等学校(長田笑実)
【審査員特別賞(天野太郎賞)】
「生命(せいめい)」
小松市立高等学校(宮西ひかる、丸山拓郎、北川愛理)
【審査員特別賞(麻生恵子賞)】
「涼風一陣(りょうふういちじん)」
啓新高等学校(長谷川七海)
【審査員特別賞(中田耕市賞)】
「木の下(きのした)」
啓新高等学校(小林幸之伸)
【審査員特別賞(西村直樹賞)】
「WARNING!!(ワーニング)」
福井県立羽水高等学校(明石野杏、櫻井ほのか、田中瑠夏、川島優月、清水晴虹、廣田光穂、肴倉菜摘、高畑佑香)
【審査員特別賞(戸田正寿賞)】
「KENKO魂 2018-①(ケンコーダマシイ)」
石川県立工業高等学校(高山広樹、伊勢絢嶺、伊藤ほのか、桶谷奈央、鹿野那奈、瀬戸杏樹、寺田早希、中橋みさき、中山季子、橋本帆波、羽場朱里、宮谷ゆいな、山岸蓮佳、浅田彗子、井口綾乃、國本歩央、定池典子、鈴木都葉、星野楓花、三ツ田光里)

添付資料1

グランプリ作品(JPG:341KB)

関連サイトタイトル

みくに龍翔館ホームページ

関連サイトアドレス

みくに龍翔館ホームページ(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

みくに龍翔館

電話番号:0776-82-5666 ファクス:0776-82-6671

福井県坂井市三国町緑ヶ丘4丁目2-1

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?