心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > 健康・医療・福祉 > 福祉 > 母子父子福祉 > ひとり親家庭等医療費助成

ここから本文です。

更新日:2018年3月13日

ひとり親家庭等医療費助成

ひとり親家庭等にかかる医療費を助成することにより、その健康の安定と向上を図り、ひとり親家庭等の福祉の増進に寄与することを目的としています。

平成30年4月診療分から、中学3年生までの児童の医療費助成が窓口無料化になります。

平成30年4月から中学3年生までの児童生徒を対象に、県内の医療機関で受診された保険診療分の自己負担分を窓口で支払うことなく受診できる窓口無料化を実施します。

なお、3月下旬ごろに新しく「子ども医療受給者証」を送付する予定です。

詳しくは子ども医療費助成の窓口無料化についてのお知らせ

<平成15年4月1日以前生まれの方へ>

平成15年4月1日以前生まれの方(児童及び親)は、今までと同様に、窓口でひとり親家庭等医療費受給者証を提示し、保険診療分の医療費をお支払いください。概ね2か月後に指定の口座にお振込みいたします。

また、平成30年4月受診分から受給者証が1人1枚に変わります。

なお、新しい「ひとり親家庭等医療費受給者証」は3月下旬ごろに送付する予定です。

詳しくは坂井市ひとり親家庭等医療費助成制度変更のご案内(チラシ)

対象となる方は?

  • 児童扶養手当の支給要件に該当する20歳未満の子をもつ母子家庭、父子家庭、かつて母子家庭の母であって現在一人暮らしの75歳未満の寡婦。
  • 坂井市に住所があること。
  • 毎年8月に受給資格更新申請書の提出が必要です。

支給方法は?

  • 病院等で受診する時には、必ず保険証とひとり親家庭等医療費受給者資格証を提示してください。
  • 受診機関においては、必ず一部負担金をお支払ください。
  • 一部負担金の支払後、医療機関からの報告に基づいて約2ヶ月後に保護者の口座に振り込まれます。
  • 県外の医療機関等で受診された場合は、領収書と印鑑を持って子育て支援課で申請が必要です。
  • 附加給付制度により、加入されている健康保険から給付金がある場合は、一部負担金から給付金を控除した額を助成します。
  • 医療費が高額になったときは、高額療養費として払い戻される分を差し引いた額を助成します。
  • 学校の管理下で起きた災害等により日本スポーツ振興センター災害共済給付を受ける場合、ひとり親家庭等医療費助成制度等からの助成を受けることはできません。

主な手続きについて

主な手続き

手続きを必要とする時期

備考

認定申請

新たに認定を受けるとき

詳細は子育て支援課へお問い合わせください

 

受給資格更新申請

毎年8月

受給資格変更申請

住所・口座・保険証が変更となったとき

資格喪失届

受給資格を喪失したとき

問い合わせ窓口

問い合わせ先

電話番号

市民福祉部子育て支援課

50-3042

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子育て支援課

電話番号:0776-50-3042 ファクス:0776-68-0324

福井県坂井市坂井町下新庄1-1 坂井市役所本庁1階

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?