報道インフォメーション

心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > 報道発表 > 3D計測技術で丸岡城の鬼瓦を計測

ここから本文です。

更新日:2018年1月24日

3D計測技術で丸岡城の鬼瓦を計測

発信日

平成30年1月23日

担当者名

堤徹也

担当課

教育委員会
文化課
丸岡城国宝化推進室

電話番号

0776-50-2270

報道解禁日

平成30年1月23日

事業名称

3D技術で丸岡城の鬼瓦を計測

事業内容

丸岡城天守一階東西の破風に載せられている鬼瓦は笏谷石でできています。
昭和30年に出された修理報告書にはおおよその寸法は記載されていますが、実測図等の資料はありませんでした。
今後の修理や、他の事例と比較検討するうえで基礎的な情報が必要ですが、実測図や詳細な記録を作ろうとしても、現在も屋根の上に載っていますから、簡単な作業ではありません。
そこで今回、3次元計測機器を利用して記録の作成を試みました。

計測を依頼した先は福井市内の会社、株式会社TAYASU。
こちらの本業は溶接などの金属加工ということで、現地にあわせた簡易クレーンを自作、その先に計測機械を取り付けて計測を行っていただきました。

出来上がったデータは、様々な角度から自由に観察できるので、新たな発見があるかもしれません。
また、かなり傷んでいることや修理の痕跡もわかり、今後修理する場合は重要な資料になるでしょう。

なお、今回得た3Dデータは、坂井市ホームページで公開しています。

関連サイトアドレス

丸岡城天守鬼瓦の3Dデータ化

お問い合わせ

丸岡城国宝化推進室

電話番号:0776-50-2270 ファクス:0776-50-2553

福井県坂井市丸岡町霞町1丁目41-1

アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?