心から、笑顔になれるまち坂井市

ホーム > 市政情報 > 寄附 > ふるさと納税 > ふるさと納税に関する事業説明会&事業者勉強会&事業者マッチング交流会 開催決定!!

ここから本文です。

更新日:2018年12月6日

ふるさと納税に関する事業説明会&事業者勉強会&事業者マッチング交流会 開催決定!!

ふるさと納税を活用した企業力・商品力向上テクニック等について講演いただきます!

市では寄附(ふるさと納税)に対する返礼品としての特産品を募集しており、平成31年度に向けた説明会および勉強会および事業者マッチング交流会を開催します。

講演会では、ふるさと納税の研究をしているスペシャルゲスト「神戸大学大学院経営学研究科准教授保田隆明先生」をお招きし、ふるさと納税を活用した企業力・商品力向上テクニック等についてご講演いただきます。

また、県内初の試みとして、事業者マッチング交流会も開催します。奮ってご参加ください‼

ふるさと納税に関する事業説明会&交流会&事業者マッチング交流会(案内)(PDF:810KB)

ふるさと納税業説明会&事業者勉強会&事業者マッチング交流会(参加料無料!)

開催日:平成31年1月7日(月曜日)

時間:受付:13:00~ 開始:13時30分~

場所:みくに未来ホール 会議室 三国町中央一丁目5番1号

参加方法:「参加申込書」を企画情報課へ提出(申込期限:平成30年12月28日まで)

当日の飛び入り参加も大歓迎です。受付にて当日参加である旨をお伝えください。

第1部【ふるさと納税事業説明会】(13時30分~14時30分)

  • 協賛事業者および返礼品の要件について
  • 事業の流れ(寄附申込みから発注・集荷、商品代金請求まで)
  • 既協賛事業者の優良事例紹介

第2部【ふるさと納税 講演】(14時45分~16時15分)

『ふるさと納税をきっかけとした事業者のビジネス力向上 ~全国各地の事例紹介からの示唆~』

講師 神戸大学大学院 経営学研究科 准教授 保田隆明先生

【講師プロフィール】

1974年生、兵庫県出身。外資系証券会社、起業、投資ファンド、金融庁金融研究センター等を経て、15年9月より現職。12年よりふるさと納税の研究を開始し、自治体や事業者の取り組みや地域経済への効果を検証。関連する主な著書に「ふるさと納税の理論と実践」、主な論文に「ふるさと納税のきっかけと動機に関する調査」(ベンチャーレビュー)など。ふるさと納税の解説でNHK出演、日本経済新聞のインタビュー記事など多数あり。総務省による有識者ヒアリング対象メンバーの1人。博士(商学)早稲田大学

保田先生写真

第3部【事業者マッチング交流会「フィーリング事業者67」】(16時30分~17時30分)

 県内最多の返礼品協賛事業者数(全67事業者)を誇る坂井市だからこそできる事業者マッチング交流会を県内初開催します。ふるさと納税をきっかけに異業種交流を始めてみませんか?マッチングからコラボ商品の企画立案、返礼品の登録、広報まで市が全面バックアップします。

返礼品協賛事業者の主な要件

  1. 市内に本社(店)、支店又は営業所、工場等のいずれかを有する法人または個人であること。
  2. 市税等の滞納がないこと。
  3. 代表者等が暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律に掲げる暴力団の構成員等でないこと。
  4. 返礼品写真の撮影費の一部負担に同意できること。
  5. インターネット環境が整っており、市が導入するシステムの利用に同意できること。

返礼品の主な要件

  1. 市内で生産、製造、加工、サービス等が提供されているもの。
  2. 本市の魅力発信につながる要素を持つものであること。
  3. 品質及び数量の面において、一定の安定供給が見込めること。(※期間限定・数量限定で供給可能であるものについても取扱いを認めるものとします)
  4. 形状等をふまえ、発送に耐えうるものであること。
  5. 食品衛生法上、農林物資の規格化等に関する法律及び製造物責任法等の関連する法律並びに行政庁の指導に基づく基準等の要件を満たしていること。
  6. 食べ物については、返礼品の発送日から一定期間の賞味期限を有していること。

返礼品を提供するメリット

  1. ウェブ掲載手数料は0円!
  2. 商品発送の際に自社パンフレットを同封することで、販路拡大が狙える!
  3. 市の作成するカタログやウェブに掲載することで商品のPRになる!
  4. インターネット販売のテストマーケティングができる!

注:ただし、当事業を通じて知り得た個人情報を当事業以外に利用することは固く禁じます。

坂井市ふるさと納税の実績

  平成30年度(11月末時点) 平成29年度
寄附金額 約2億9,000万円      約4億5,300万円           
寄附件数 約11,500件 約15,300件
発注件数 約17,700件 約25,000件

返礼品協賛事業の流れ

返礼品協賛事業の流れ図